支配と不正の事実を突きつけ、公に国権を移譲するトランプの革命が進行中

日本を守るのに右も左もない さんからの情報です。


 

上記ツイッターの映像と、下の写真を見比べていただきたい。どちらもバイデンの大統領就任式直前のワシントンDC議会議事堂から見たものだ。

下の写真にはワシントン記念塔が見えるのに対して、上記映像からは、それが確認できない。

お気づきのように、バイデンは上記映像の場所で大統領就任式を撮影した。生中継ではなくVTRだった。なぜなら、スペインでは就任式の数時間前にその模様がオンエアされたからだ。

ワシントンDCは今もなお軍による厳重警戒が続いており、そこにバイデンらが行けるはずもない。だからこの撮影場所は、ワシントンDCではない。議事堂のセットが組み立てられているどこかの場所だ。映像引用元が、TikTokであることから、アメリカ国内でない可能性も考えられる。バイデンらはすでに軍に逮捕されており、軍(トランプ)の命令で偽の就任式をばれないように行った。

・ トランプはアメリカ合衆国からアメリカ共和国への全権移譲を進めているが、それには合衆国大統領から共和国大統領への移譲手続きが不可欠となる。なぜなら、共和国の樹立が世界の信用を伴うものでなければならないからだ。そのためには国の全権移譲が公に認められなければならない。バイデンの合衆国大統領就任(偽)は、そのためだ。(戒厳令の発動か。アメリカは合衆国から共和国へ

・アメリカから金貸し勢力(グローバリスト)を追放し、共和国を樹立する。

・かつての革命のような武力と武力が衝突し、血が流れ、人が死に街が破壊されるような革命ではない。

・その革命をトランプは、金貸し支配の歴史事実と、その者たちの不正事実を開示し、1万人以上の逮捕を通じて実現しようとしている。

・また、Twitterの買収をにおわせるツイートも。トランプと奥の院は、SNSメディア=共認を取り戻そうとしている。

・さらは25日にフロリダで前大統領事務所を開設。アメリカの利益を促進し、公的活動を通じてトランプ政権時代の議題を継続推進していくという。

・そして「愛国党」を設立。FEC(連邦選挙委員会)に文書を提出した。「【速報】トランプ前大統領起つ!「愛国党」を設立/FEC(連邦選挙委員会)に文書を提出

・やや蛇足だが、バイデンが大統領に就任した直後のTIME誌の表紙は、まるでアメリカ合衆国の終焉を匂わせている。

 

マスコミからの報道は何もないが、トランプの革命は進行している。