アメリカ、水面下の革命と情報戦

日本を守るのに右も左もない さんからの情報です。


 

トランプ革命1:旧勢力(金貸しの手先)一斉逮捕へ
トランプ革命2:民族派が主導する世界新体制へ
戒厳令の発動か。アメリカは合衆国から共和国へ
トランプが金貸しによって奪われた国家を国民のもとに取り戻す

の続きです。

1月20日のバイデンの大統領就任の報道。事前情報の緊急放送も大量逮捕も表立って報道はなかった。・・・恐らく99%の人が、トランプは負けたと思っただろう。しかし、思い起こしてほしい。マスコミ情報の本質を。マスコミ報道で何が分かるというのか?

・コロナ、100%ウソ(それを確信できていないのは浅い)。
・9.11のウソ。
・アメリカでも、日本でも不正選挙と世論操作やりまくり。
・都合の悪い情報は流さない。都合の悪いことが起こると芸能人逮捕で煙幕。

マスコミの流している情報は、全てウソと考えた方がいい。何らかの洗脳意図を含んでいる。情報戦のための機関であり、ご主人様(金貸し・スポンサー)に言われるがままの芸者。マスコミが騒いだら怪しいのは常識。
そんな奴らの情報を鵜呑みにして、そら何も起きなかったじゃないか・・・と言っているブログやサイトもあるが、おつむが信じられない。自らマスコミの補完勢力を宣言しているに等しい。

今起きているのは、革命を進行させ、成就させるための情報戦だ。

既にアメリカの主導権はトランプと軍に移っている。
それを悟らせないために、支持者にも知らせない必要がある。

 

★バイデンの就任式の様々な不整合 ・就任式はビデオ、当日のワシントンは曇りだったが、映像は快晴。
・演壇の前には数千本の星条旗。明らかに墓場の暗喩。
・沿道に大勢の米軍兵士、しかしほとんどが尻を向けて迎えている。
・バイデン就任後も米軍兵士が続々と集まる

下記のユーチューブは、バイデン就任式の不都合とワシントンDCの成り立ちを示してくれていて面白い。
・音声と映像のズレ。

このワシントンDCに米軍が集結、何が起こっているのか?・・・貴方の想像力と追求力に任せます。

次に、
いつ共和国設立宣言を出すのか?緊急放送システムの作動はいつか?
旧勢力の一斉逮捕とトランプタイムラン・シナリオは、多少の時間変動を含みながら予定通り進んでいる。

by Hiroshi