ついに国家機密情報の開示か。トランプの緊急放送開始(吉田繁治氏)

「金貸しは、国家を相手に金を貸す」さんからの情報です。


 

『るいネット』「ついに国家機密情報の開示か。トランプの緊急放送開始(吉田繁治氏)」から転載。

元記事は吉田繁治氏『ビジネス知識源』<Vol.1123:ついに国家機密情報の開示か(2)2021年 1月 17日(1):トランプの緊急放送 開始>
-------------------------------
■1.トランプの緊急放送は、放送されずに、あったようです
Beforeitnewsというサイト。 DS側の陽動作戦である可能性もありますが、文面から判断すると、そうではない感じです(自己判断)。

▼日本語機械翻訳を、そのまま引用します。( )内は当方。
(バイデンの)就任式はキャンセルされ、トランプはオフィスに就き、ABC、NBC、CBS、フォックス、CNN、MSNBCは残りのライセンスを失う。2021年1月14日木曜日13:5

トランプ大統領によると、バイデンの就任はキャンセルされ、トランプ大統領は引き続き在任し、中国共産党のABC、NBC、CBS、フォックスニュース、CNN、MSNBCのプロパガンダのメディアは、間もなく放送を停止する。「私は 、民主党と共和党の議員、CCPエージェント(中国共産党)、FBI、司法省、CIAなどが解体するために行った、反乱に対処するために【1807年の反乱法(セクション10米国コード13 251-255)】を発動した。」

●「トランプ大統領は、1月14日木曜日に、「アメリカ合衆国とその憲法」と宣言した。「これらの実体は、国家の安全に直接の脅威をもたらします。すべての、国内の敵が逮捕されるまで、私は無期限に大統領のままです。」
トランプ大統領は、先週の土曜日に、彼に対する別の暗殺未遂のあと、反乱法を発動していた。1月9日朝。彼のIntel(諜報的な情報)によると、中国共産党のエージェント、FBI、司法省、CIA、その他のディープ・ステートは、主流メディアの助けを借りて、米国と、その憲法を解体することを長い間、計画してきました。もちろん、これらの不法行為のいずれも、腐敗した主流派・メディアによって報告されていません。

トランプは、MSM(AIでの偏向アルゴリズム)が「世論をディープ・ステート。アジェンダに向けることを、唯一の目的としたCIAと中国共産党のエージェントに組み込まれている」という証拠を持っていました。トランプ大統領の、4年間の在任中、彼と同盟と呼ばれるものは、この陰謀団と戦ってきました。イタリア、バチカン、英国モナーキー、英国M16、中国共産党からの、13人の、悪魔主義血統の家族で構成される悪魔崇拝部隊CIA、FBI、司法省、ANTIFA、BLM、および、特定の共和党と民主党の立法者。

1月9日(土曜日)、米国は、トランプ大統領が最高司令官、フリン将軍が軍を担当するという、戒厳令下に置かれました。そのため、トランプは、他の権力の中でもとりわけ、軍事逮捕と裁判所を許可する複数の大統領命令に署名しました。
反乱法が施行されている法律により、トランプは、すべての国内の敵が逮捕されるまで、無期限に大統領のままです。彼はすぐに主流派・メディアを削除するでしょう。「私は、ABC、NBC、CBS、Fox News、CNN、MSNBCの、プロパガンダメディアを放送から外すための、大統領命令を起草しています。また、FCCと協力してライセンスを取得しています。
これらのメディア組織はすべて、(1)中国共産党のエージェントと、左翼とディープ・ステート(DS)をサポートする特定の議題に向けて世論を洗脳し、(2)催眠術をかけ、世論を導くことを唯一の目的とする組み込み、CIAエージェントを採用しているという証拠があります。これらの組織は、国家安全保障に対する脅威であり、事実上、彼らが報告するものは実際のニュースではありません。」

カバール(国際銀行団の隠れ組織)を倒すのは、簡単なことではありません。軍事および特殊部隊の部隊は、米国全土の400以上の都市に配備されています。陸軍長官ライアン・マッカーシーによると、現在、ワシントンDC(特別行政区)には15,000人以上の軍隊が、待機している。特殊部隊は、ANTIFAとBLMに潜入し、黙って、密かに、逮捕しました。

●その同じ土曜日、1月9日、 POTUSと国防総省は、1月20日の大統領就任式を延期しました。諜報情報筋によると、ジョー・バイデンが発足しなかった場合、腐敗したFBIの計画があり、ワシントンDCと1月16日土曜日から水曜日までの50の州議会議事堂で、ANTIFAとBLMの暴力の上演を(支援することになります。)

●1月20日、トランプが「すべての国内の敵が逮捕されるまで」在職することを要求した反乱法のため、バイデン(次期政権)は発足することができません。緊急時に、北米のすべての、食用植物と薬用植物を発見する(隠れ中国軍がいるカナダと、米国での食料の備蓄の必要か?)。腐敗したマスメディアは、中国共産党が支払ったと信じている左翼の議題以外は報告することを拒否しました。

●大統領はまもなく、緊急放送システム(EBS)をアクティブにすることを発表します(1月17日午後2時以降、1月18日の間)。これは、Ten Days of Darkness(暗黒の10日間)、またはメディアの停止と呼ばれる期間中に、予想されます。

●EBS(緊急放送システム)を使用すると、誰もが自分の電話、テレビ、ラジオ、インターネットでアラートを受け取り、一度に数時間、他のブロードキャストを上書きします。放送は、カバル(国際銀行組織)とアライアンスの間で世界中で起こっている沈黙の戦争を説明するでしょう。

さらに重要なことに、トランプ大統領は、正式にCabal’s USA Inc.を閉鎖し、2020年7月4日に復元された「アメリカ共和国を再開」しました。(ここで、Beforeitnewsからの日本語化引用の終わり)