安倍秘書逮捕強制捜査公判請求不可欠

植草一秀教授からの情報です。


 

ダブルスタンダードという言葉がある。

言葉の意味をしっかりと捉える必要がある。

2009年3月3日、小沢一郎民主党代表の公設第一秘書大久保隆規氏が突然逮捕された。

西松建設関連の政治団体である未来産業研究会、新政治問題研究会からの寄附を事実通りに政治資金収支報告書に記載して提出したことが、「虚偽記載」にあたるとの容疑だった。

政治資金規正法違反容疑での逮捕だ。

検察の主張は二つの政治団体に実体はなく、西松建設の名を記載しなければ「虚偽記載」になるというものだった。

当時の小沢一郎氏は民主党代表。

2009年は政権交代をかけて衆議院総選挙が実施される年だった。

小沢一郎氏は2006年4月に民主党代表に就任した。

前原誠司氏が偽メール問題の処理を誤り、民主党は解党の危機に瀕した。

火中の栗を拾ったのが小沢一郎氏だ。

小沢一郎氏が民主党代表に就任するや、民主党は奇跡の大躍進を遂げた。

2007年参院選で勝利して参議院第一党の地位を確保した。

2008年民主党代表選にかけて、小沢氏を代表の座から引きずり降ろそうとするメディアの激しい攻撃が展開されたが、小沢氏は攻撃をしのいだ。

このなかで2008年9月に麻生太郎内閣が発足した。

麻生氏は内閣官房副長官に警察出身の漆間巌氏を起用した。

日本の秘密警察国家化はこのときから本格化した。

人気ブログランキングへ

私は2009年1月16日付ブログ記事
「手段を選ばぬ「悪徳ペンタゴン」次の一手」

https://bit.ly/37BIPgT

に次のように記述した。

「検察当局が西松建設の裏金疑惑解明に動き出した。「悪徳ペンタゴン」による政権交代阻止活動の一環としての行動であるとの見方が存在する。

日本の政治を「悪徳ペンタゴン」から「一般国民の手」に取り戻す、千載一遇のチャンスである。「悪徳ペンタゴン」はあらゆる手段を用いて、本格的政権交代阻止に全力を尽くすと考えられる。あらゆる工作活動の本質を洞察して粉砕(ふんさい)し、本格政権交代を成し遂げなければならない。」

私は、麻生内閣が西松建設問題を材料に小沢一郎氏攻撃を仕掛けることを予測したのだ。

3月3日の大久保氏逮捕は、その空前絶後の不正冤罪ねつ造事件がさく裂したもの。

小沢氏の事務所は二つの政治団体からの寄附を事実通りに収支報告書に記載して報告していた。

これを「虚偽記載」だとして公設第一秘書を突然逮捕したのだ。

まったく同じ収支報告をした国会議員の資金管理団体が10以上存在した。

二階俊博氏の資金管理団体も同じ事務処理を行っていた。

この問題について漆間巌官房副長官は「この問題は自民党には波及しない」と発言した。

人気ブログランキングへ

2010年1月13日の大久保氏事件第2回公判に西松建設元取締役総務部長の岡崎彰文氏が証人として出廷した。

岡崎氏は二つの政治団体には事務所も専従職員も存在し、政治団体としての実体があることを証言した。

この瞬間、2009年3月3日の大久保氏逮捕は空前絶後の不当冤罪逮捕であることが確定した。

これが西松事件の真相である。

窮地に追い込まれた検察は、大久保氏事件第2回公判の2日後の2010年1月15日に、大久保氏に加えて小沢氏元秘書の石川知裕衆議院議員、池田光智氏の3名を別件で逮捕した。

逮捕容疑は2004年10月に代金決済が行われ、2005年に移転登記が完了した世田谷区所在不動産の取得にかかる収支報告が2005年収支報告書で行われたことが「虚偽記載」にあたるというものだった。

小沢氏事務所は不動産取得の事実を事実通りに収支報告書に記載して報告している。

これを検察は「虚偽記載」だと決めつけて元秘書3名を逮捕した。

しかし、この事件の公判で、商法と会計学の専門家は法廷で、小沢氏事務所の収支報告が法令上、もっとも適切なものであることを証言した。

これに対して、安倍首相資金管理団体の事件ははるかに悪質である。

収支を把握しながら記載しなかった。

安倍氏事務所の支出は選挙区の有権者に対する寄附行為である。

明白に公職選挙法に違反するもの。

まずは、秘書の逮捕が必要不可欠。

家宅捜索を行うべきことも当然だ。

当然のことながら、公判請求して公判廷で事実を明らかにする必要がある。

西松事件、陸山会事件と比較すると、これ以上のダブルスタンダードが存在しないことが鮮明に浮かび上がる。

人気ブログランキングへ

メルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」

https://foomii.com/00050

のご購読もよろしくお願いいたします。

上記メルマガを初めてご購読される場合、
2ヶ月以上継続して購読されますと、最初の一ヶ月分が無料になりますので、ぜひこの機会にメルマガのご購読もご検討賜りますようお願い申し上げます。

https://foomii.com/files/information/readfree.html

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第2793号「究極のダブルスタンダード」
でご購読下さい。

『アベノリスク』(講談社)
動画配信はこちら
著書と合わせてせて是非ご高覧下さい。

2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:540円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.comまでお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

 

価格:1,650円 通常配送無料

出版社:株式会社コスミック出版
amazonで詳細を確認する

 

価格:994円 通常配送無料

出版社:詩想社
amazonで詳細を確認する

 

価格:907円 通常配送無料

出版社:発行:祥伝社
amazonで詳細を確認する


日本経済を直撃する「複合崩壊」の正体

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:発行:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

あなたの資産が倍になる 金融動乱に打ち勝つ「常勝投資術」~(TRI REPORT CY2018)

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:発行:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

「国富」喪失 (詩想社新書)

価格:994円 通常配送無料

出版社:発行詩想社 発売星雲社
amazonで詳細を確認する

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する


泥沼ニッポンの再生

価格:1,512円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

日本経済復活の条件 -金融大動乱時代を勝ち抜く極意- (TRI REPORT CY2016)

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

米国が隠す日本の真実~戦後日本の知られざる暗部を明かす

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:星雲社
amazonで詳細を確認する