11月19日、衆議院で「予防接種法改正案」が通過。>無料でコロナワクチンが打てます!

「金貸しは、国家を相手に金を貸す」さんからの情報です。


 

月19日、衆議院で「予防接種法改正案」が通過しました。

■ワクチン開発の手順が無視
「国民にはワクチン摂取の努力義務があること」「費用は全額国費負担」という内容から、ワクチン接種が強制となる懸念が繰り返し指摘されていたものです。

17日に参考人として国会に立った宮坂昌之・大阪大学名誉教授は「製薬会社の言うワクチン90%〜94%の有効率への誤解」と「日本での第3相試験を飛ばしたワクチンの安全性には懸念がある」ことから、「希望者から摂取することが大事で、努力義務は倫理的に問題」「このワクチンに関しては医療従事者から優先摂取するのは疑問」「安全が確認されることと、個人の意思が何より大事」と発言されていました。またご自身も「当面私は打たない」とも言われていました。

shanti-phula.netより

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
コロナワクチンの開発や日本国の製薬会社との契約や今回の法律は明らかに狂っています!!
【1】ワクチンへの過剰な期待
【2】世界中で過剰なワクチン開発競争~事前契約競争
【3】ワクチンの開発手順を無視して、安全試験を省略して人体接種
【4】補償は国が負担(製薬会社の販売の条件)

特に【4】は、製薬会社がコロナがクチンは未完成で販売するよと、危険であることを認めているような条件です。
日本政府は、これもも飲み込んで先行契約を行いました。
そして、日本国はワクチンを契約して確保しましたよ。
「費用は全額国費負担」ですから、どんどん打ってコロナ騒動から脱出しましょうと言っています。

そして今回の「予防接種法改正案」の成立です。

本当に国民の安全を考えているのでしょうか。
医療従事者を優先的に配布しますと言っていますが、大丈夫でしょうか?
逆に医療従事者から多数の副作用被害者が出来て、医療崩壊に成りかねません。

私は当面はコロナワクチンを打ちません。

政府とグルなマスコミは、このようにコロナワクチンの危険情報を報道しません。
しかしネットで少し調べると、すぐにわかるのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
■コロナ対応を考える その27 予防接種法改正 コロナワクチンをどう考える?
コロナワクチンどう考える が詳しいです。
<目次>
・新型コロナのワクチンへの過剰な期待に注意
・世界中が開発に奔走~前のめりの供給契約
・ワクチン開発の手順が無視~国内では第Ⅲ相試験なしでの大規模接種?
・安全性無視を鮮明にした日本の条件付き早期承認制度
・新しいタイプのワクチン~難問山積?
・有効なワクチンはできるのか
・ワクチンの有効性とは
・インフルエンザワクチンの効果とコロナワクチンへの過剰な期待
・ワクチンの安全性と抗体依存性感染増悪
・接種は臨時接種〜国民の努力義務は?
・接種は臨時接種〜国民の努力義務は?
・努力義務をはずすべき理由~「接種しない選択」を認めるべき
・新型インフルエンザの教訓と補償契約
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~