バイデン家の連中がウクライナで「しでかす」前に、イラクとセルビアがあった

ジェームズ・ジョージ・ジャトラス
2020年10月16日
Strategic Culture Foundation

 アメリカでは、懸念と恐怖さえもが高まる中、2020年11月の選挙が近づいている。

 下記のような可能性がある。

 過去数十年、アメリカ外での出来事を見つめていた人々には、この多くが、どこかで聞いたように思えるはずだ。我々は前にそれを見ている。他の国々に対して。

 今や、アメリカは、その報いを受けつつある

 Revolver Newsが説明しているように、アメリカで起きるのは、特定の出来事の、ほとんどある種のブローバックかもしれない。アメリカがウクライナで支援した2014年政権転覆工作だ。

 「この文脈で、「カラー革命というのは、「独裁主義」で、アメリカ権益に敵対的だとアメリカ政府がみなす外国政権に、特に東ヨーロッパで駆使することが知られている特定の形の組織的攻撃のことだ。イラクでのように政権転覆のために、軍事介入を直接行使するのではなく、カラー革命は、選挙の正当性に異議を唱え、集団抗議行動や市民的抵抗を組織し、欧米報道機関による、連中の思惑に好意的な報道を確保するべく、メディアを活用して、外国政府を攻撃するのだ

 「トランプ大統領を傷つけたり、打倒したりするために、まさに同じ、これら戦略や戦術を国内で使う組織的取り組みに気づけば、大いに不安になるはずだ。海外で、これらカラー革命政権転覆作戦が専門の連中が、文字通り、まさに同じ連中が、まさに同じ戦略を使って、トランプを打倒しようと試みていることを理解すれば、我々の目の前で展開していることの不吉な本質は、まさに我々が報いを受けつつことだとわかる。最も有名なカラー革命が[2004年]ウクライナの「オレンジ革命」だったとすれば、Black Lives Matterが、トランプに反対するアメリカ国内でのカラー革命の主要素として利用されており、「黒は新しいオレンジだ」という単純な表現でRevolverで我々の命題を要約ができる

 これはほとんど驚くべきことではない。今や国内で、Black Lives Matterや、Antifaや、すぐかっとなって騒ぎたてる連中や、国内でトランプ排除を計画している軍事クーデター策謀家連中を武器にしている行政機関や、大企業、非政府組織NGO、お仲間のシンクタンク連中は、国外での政権転覆を芸術に変えている。ウクライナは、後に失敗した「ウクラナイナゲート」弾劾の鍵となる連中を呼び物にした、連中による目覚ましい成功だった。

 政権転覆のもう一つの結果は腐敗だ。古い諺の通り、どんなばか者でも水族館を魚スープに変えることができるが、このプロセスを、どうすれば逆にできるかは、まだ誰も分かっていない。「破壊」が、軍事的手段(1999年のセルビア、2003年のイラク、2011年のリビア)、あるいは(2000年のセルビア、2003年のジョージア、2004年-2005年、そして再度、2014年のウクライナ、2005年のキルギスタン、2005年のレバノン、2018年のアルメニアや、イランやロシアやベネズエラや中国(香港)やベラルーシでの様々な程度の成功や失敗で)街頭でのカラー革命で達成されたかにかかわらず、国が破壊された途端、それは壊れた状態のままになりがちだ。標的国の組織が壊滅状態になると、ぐずどもが取って代わる。例えば、リビアでは、黒人たちの命Black Livesが、誰にとっても明白に全く重要でない、サハラ以南のアフリカ諸国の奴隷貿易を再開するまでに至っている。

 イラク:押しつぶし、腐敗させ、もうける

 最終的に、政権転覆が行われ、汚職が見境なくなった途端、もう一つの起こるべくして起こる出来事が生じる。外国のハゲタカ、多くの場合、まさに、それを利用して利益を得ている混乱発生を推進した不当利益者連中が死体に舞い降りる。これら戦争後にやって来て詐欺行為をする連中は、必ず侵略国や、標的国家の資源分配と、荒廃させられ標的国家の(「偽善」という言葉では到底言い足りない)「改革」と「再建」を実行する資金へ有利な立場にある組織と強力なコネがある。

 コリン・パウエルの「瀬戸物屋のきまり」(壊したら、弁償しろ)とされるものによる、この詐欺の見本は、自分で負担するという、戦争を主張した連中の保証にもかかわらず、表向き、イラク再建に使われたとされる資金だ。二兆以上の戦争資金から出た、公式には、控えめに、600億ドル以上から1380億ドルに設定された費用のうち、最大部分が、戦争の主提案者で当時の副大統領ディック・チェイニーが元最高経営者だったハリバートンの軍需子会社KBR(旧称、ケロッグ・ブラウン・アンド・ルート)への悪名高い14億ドル随意契約を含め、アメリカや他の契約業者に流れた。(「ハリバートンが利益を得るために、ディック・チェイニーはイラク戦争を推進したと、ランド・ポールは語っている。」)

 ウクライナで、バイデンの息子も登場

 ジョー・バイデンを大統領に就かせる狙いで、今我々の前で展開されているブラック/オレンジ政権作戦と最も関係が深い略奪的縁故主義の寸描は、彼の息子ハンターと評判が、いかがわしいウクライナ・エネルギー企業ブリスマ・ホールディングスだ。(そもそも初めから、ハンターのお仲間には、ブリスマとの関係は余りに「まずい」と考えて、彼との関係を絶った者さえいる。) 民主党や大手メディアにはフェイク・ニュースや陰謀論として無視されたり、切り捨てられたりしているが(私も何度も繰り返しているかも?)、事実は十分知られており、イラク・パターンと、ぴったり一致している。当時、ジョー・バイデン副大統領は、ウクライナで政権転覆を推進しており、2014年2月、法律にのっとって選ばれた大統領ヴィクトル・ヤヌコーヴィチ追放に成功した。2014年4月、ジョー・バイデンの息子ハンターは、専門知識が皆無なのを考えれば、ほとんどわけがわからない途方もない報酬で、(デボン・アーチャーという名の、後に無関係な詐欺で有罪判決された人物と共に)エネルギー企業ブリスマ取締役会に入った。だが彼の父親が、単なる副大統領ではなく、海外援助金を含め、ウクライナに対するオバマ政権政策の代表交渉人だったとすれば、これは大いに話がつうじる。[注:とうとう今、2015年に、ハンターが父親のアメリカ副大統領と、ブリスマと直接連絡をとらせたというニュースがばれたが、巨大ハイテク企業は、これをソーシャル・メディアで、抑制しようと努めている。]

 ビクトル・ショーキンという名の厄介なウクライナ検事総長が、ブリスマに対し余りに多くの興味を待っているように思われた時、父親ジョーが救いの手を差し伸べ、2014年カラー革命後据えられた欧米に依存するウクライナ政治家に、ジョーが大まじめに「腐敗している」と主張するショーキンが解雇されるまで、10億ドルのアメリカ支援金は保留すると公然と脅迫したのだ。タッカー・カールソンが直撃しているように)、ショーキン追放は、クリントンにつながるブリスマのPR会社からの直接の依頼で、ハンターに、パパに彼らの後部からショーキンを外すよう圧力をかけるための青い星の戦略の後に続いた。ジョーは頼まれたことをしただけだ。彼は後にこう自慢した。「私は言った」、あなた方は10億を手に入れられない。私は中にここ[すなわちキエフ]を去るつもりだ。約6時間だったと思う。」私は彼らを見て言った。「私は6時間で去る。もし検察官が解雇されなければ、あなた方は金を手に入れられない。」さて、畜生。彼は解雇された。」

 だが、初めに、セルビアがあった

 今日多くの人々がイラクを覚えており、一部の人はウクライナについて多少知っている。だが、それらに先行したセルビアは殆どのアメリカ人が知らない。要約しよう。

 1990年代、上院議員として、ジョー・バイデンは、ユーゴスラビア連盟分裂で、最も好戦的なセルビアに対する米軍軍事行動提唱者の一人だった。最初はクロアチア(1991年-95年)、次にボスニア(1992年-95年)、更にセルビアの州コソボ(1998年- 1999年)で。(ヒラリー・クリントンや故ジョン・マケインなどの連中に言われたように、バイデンも明らかに、嫌いな戦争には一度も出会ったことがない。2003年、ヒラリーと共に、バイデンは、ブッシュ-チェイニのイラク戦争支持への上院民主党員投票をあおるのを手伝った。)心の中のジョン・マケインと交信して、バイデンは、アメリカがセルビアを、爆撃につぐ爆撃をするよう絶えず要求し(究極的にISIS登場をもたらした、オバマ-バイデン政権によるリビアとシリアでの聖戦テロリスト支持の伏線として)ボスニアのイスラム主義政権に、更に、アメリカが「コソボ解放軍」(KLA)として知られるイスラム-麻薬テロ集団を武装させるため、兵器を送る要求に、まんまと成功した。

 ジョー・バイデンは、1999年3月のセルビアとモンテネグロに対する軍事行動のためのコソボ戦争承認上院決議S. Con. Res. 21の主要起草者だった。(ほとんど記憶されていない歴史的記録として、バイデン決議は、議会の法律上の戦争権限に対する最後のとどめの一撃と見なされるようになるかもしれない。決議S. Con. Res. 21は上院こそ通過したものの、下院では共和党員が圧倒的に反対投票し、213-213の賛否同数で失敗した。それは重要ではなかった。ルインスキー・スキャンダルでぐらつくビル・クリントンは、それでも、空爆作戦を進めたのだ。)その結果としての78日間のNATO空爆作戦は、セルビア軍には、ほとんど影響を与えなかったが、インフラを破壊し、何百人もの民間人の命を奪った。(20年以上後の今も、劣化ウラン弾に起因するガンの多くの発症でセルビアは苦しんでいる。)だが聖戦ジョーにとって、それさえ「文盲変質者、赤ん坊殺し、虐殺者・レイプ犯人」として、彼がまとめて悪者にしている人々に対する罰として十分ではなかった。1999年5月、NATO空襲の絶頂時、彼はアメリカ地上軍の投入を主張し(「我々はアメリカ人死傷者がでるだろうと発表すべきだ」)続いて「日本・ドイツ風占領」を主張した。

 最終的に、当時のセルビアの独裁的指導者スロボダン・ミロシェヴィッチが、セルビアが、国連安保理決議1244で成文化されているように、セルビアの一部のままでいる条件で、コソボの一時的国際占領に応じて、爆撃は1999年6月に停止した。それは連中のめかけ欧州連合(EU)は言うまでもなく、アメリカもNATOも守るつもりがなかった約束だった。NATO占領の鼻先で、残りが今日に至るまで留まっている飛び領土に避難している、3分の2が、ユダヤ人やロマとともに国を追われたセルビア住民を、威嚇する事実上の自由裁量権限を表向き解体されたKLA凶悪犯が与えられたのだ。多くが何世紀もの古さの正教キリスト教会や修道院は、破壊と冒とくの特定標的だった。(性的奴隷や麻薬や武器や人の臓器さえ商うコソボ・アルバニアのマフィアの中心人物だった)KLA指揮官が現地政権を手渡された。

 2007年、バイデン上院議員は「イスラム民主政治の勝利」「大いに必要とされる成功したアメリカ-イスラム教協力の例」として新秩序を称賛した。一年後、ブッシュ政権は、国際連合安全保障理事会決議1244の露骨な違反で、ロシアの強い反対理由にもかかわらずコソボの独立を強引に成立させて、仕事を完了しようと努めた。何かを解決するどころか、国際連合加盟国の約半分がコソボを認め、半分が認めていない状態の凍結された対立が、今も続いている。[原文のまま]自らを世界で最も親米の「国」として宣伝し、コソボ擬似国家は、最良のISIS人材募集の場となった。

 だが、事業は好調だった! イラク同様、セルビア攻撃や、コソボ占拠に役立った元当局者を含め、政治的に良いコネのある連中は、アメリカとEUからの豊富な支援助成金で活気づいた州に集まり、しばらくの間、コソボは、一人当たり海外援助受取「国」世界最大の国の一つなった。そのようなハゲタカ、もとい、企業家の一人は、彼女の個人的なセルビア憎悪に加えて、クリントン政権の敵視政策の主要な担当者、元国務長官のマデレーン・我々は-50万人の-亡くなった-イラク人の-子供たちは-その価値があると考えるオルブライトだ。オルブライトは2005年、株式会社として「民営化された」元来ユーゴスラビア国営企業(すなわち盗まれた)携帯電話会社PTKの売却で、何億ドルもの額を得ようと努めたが、それが余計な注目を引き付けたので、その試みを中止した。元NATO最高司令官で、コソボ戦争の作戦参謀、ウェスリー・クラーク大将も、コソボの富の追求に参加しており、占領した国の石炭資源の大分部を談合で独占したとされるが、2016年最初に報道されて以来、世間の詮索から逃れているように思われる。

 今のところ、ウクライナ式の、バイデン家への直接大金支払いの動かぬ証拠があるようには思われないが、コソボ・アルバニア最高の政治家に関係しているブリスマでのハンターの相棒デボン・アーチャーと、アーチャーの仲間の被告ジョン・ヤンニ・ガラニスの痕跡がある。いずれにせよ、コソボでのゲームには個人的に関与しないよう、バイデン一家は、多くの注意を払ったように思われる。ジョーの亡くなった息子とデラウェア検事総長のボーは、戦争後、OSCE(欧州安全保障協力機構)「法の支配」任務の一環として地元検察官を訓練するため(確かに、マフィアが運営するエセ国家での大任だ)で、コソボで働き、そのため大規模な米軍基地キャンプ・ボンドスティール近くの道路が彼の名にちなんで名付けられる命名式典に、ハンターと出席し、ジョー・バイデンは彼が主要な提唱者だったNATO空襲で愛する家族を失ったセルビア人家族に「弔辞」を表明する機会を得た。

「ショーキン」要求

 おそらく、ウクライナでのバイデンのしわざと、コソボに対する彼の関心の最良の類似は不都合な個人を排除することにある。だが、この場合、問題の人物はブリスマの検事総長ビクトル・ショーキンのような国家官僚でなく、セルビア正教会司教だった。

 2009年5月、バイデン副大統領は、コソボ最古の荘厳なセルビア正教施設の一つ、ヴィソキー・デチャニ修道院訪問を主張した。コソボとメトヒヤを含むラシュカ・プリズレン教区を支配するアルテミイ司教は、バイデンに、彼は歓迎しないと言って、事実上、彼に訪問の祝福を与えるのを拒否した。1997年、戦雲が深まる中、ワシントンへの彼の最初の訪問以来、アルテミイ司教は、コソボのセルビアからの分離を提唱するバイデンや他の連中にとって、長い間悩みの種だった。2004年、その年3月のイスラム教アルバニア過激派戦士による反セルビア暴動の間、彼の信徒集団の保護への、彼らの怠惰のかどで、アルテミイ司教は、ストラスブールの欧州人権裁判所で、NATO軍を告訴した。更に、2006年3月、コソボ問題「最終解決」のため準備が進行中だったときに、アルテミイ司教は、バイデンが、それほど力を尽くしていたアメリカ政策を失敗させようとする多国での集中的ロビー活動と、(この私が主要専門家だった)広報活動に着手した。司教のキャンペーンは、アメリカ政策を転換させるのには成功しなかったが、一年以上引き延ばすのに役立ち、ワシントンのバイデンのお仲間を大いに憤慨させた。それで、バイデンにとって、アルテミイ司教が修道院訪問を鼻であしらったのは、踏んだりけったりだったのだ。

 アルテミイ司教の最後は、数カ月後、2010年の初め、当時ヨーロッパ・アフリカ・アメリカ海軍司令官で、ナポリ統連合軍司令部(JFC)司令官だった(予想通り「多数の防衛・商用の海上・航空請負業者」コンサルタントになり、年末に引退した)マーク・P・フィッツジェラルド海軍大将による二度のコソボ訪問後だった。当時、未確認情報が、(フィッツジェラルド海軍大将か他の誰かかは特定されていないが)NATO高官が、ローカルな会議の一つで(これは逐語的、あるいは近い言い換えだ)こう述べたという。「我々がここで必要なのは、より協力的な司教だ。」(より多くの詳細が、ここで得られる。去年の投稿以来、ナポリでNATO指令部は、フィッツジェラルドの2010年の訪問に関する項目を、彼らのサイトから削除したように思われる。)

 その後間もなく、バイデンにとって厄介な司祭は、警察に強制的に解任され、2000年10月のカラー革命後に据えられ、NATOに強制された従順なセルビア政治家からの圧力を受けたベオグラード教会当局により、教会裁判試験なしで、追放された。口実? 明らかに、根拠のない金融がらみの犯罪の非難だ。換言すれば、ウクライナのショーキンに対するものと同様「汚職」の濡れ衣だ。

 ジョー・バイデンが嬉しげに言うのが聞こえるようだ。「さて、畜生。奴は解雇された。」

 だが明るい面を見よう。

 アメリカが直面している初期クーデターに戻ると、ドナルド・トランプ排除のために展開しているシナリオで危機に瀕しているのは、彼の大統領職だけでなく、彼の支持者と中傷者の両方が、彼を、その具現として見なしている、アメリカ共有の歴史的文化の存続だということを忘れてはならない。我々は、彼らが全体の力を達成して、彼らの楽な私腹を肥やし続けることができる限り、古い、悪のアメリカを喜んで全焼させる捕食動物、死体を食べる動物に、我々が対処していることを想起願いたい。乗っ取るには余りに大差のトランプ楽勝がない限り、我々はディストピア状況に向かっている。

 もし彼らが「何であれ必要な手段で」トランプ排除に成功し、ジョー・バイデンが主導権を取れば、トランプ・チームが、まるでマハトマ・ガンジーの門弟のように見える世界主義戦争屋被任命者の一団が予想できるのだ。ニコラス・バーンズや、アントニー・ブリンケン、ミッシェル・フルールノア、イブリン・ ファーカス、アン・マリー・スローターなど予想される連中は、全員ボスニア、コソボ、イラク、リビア、ウクライナ、シリア作戦の一員だった…[注: NATOの半公式シンクタンクで、未来のジョー・バイデン政権職員を埋めるのに尽力するはずのワシントンの大西洋協議会も、ハンター・バイデンの給料支払係ブリスマからの気前が良い寄付の受益者だった。]

 これは、戦争と政権転覆と多くのカラー革命の処方箋だ。

 だが肯定的な調子で終えれば、将来の事業機会の潜在的可能性は無限なのだ!

 ジェームズ・ジョージ・ジャトラスは、アナリスト、元アメリカ外交官、上院共和党指導部の外交政策顧問

 個々の寄稿者の意見は必ずしもStrategic Culture Foundationのものを意味しない。

記事原文のurl:https://www.strategic-culture.org/news/2020/10/16/before-biden-did-ukraine-there-was-iraq-and-serbia/

———

 汚れたわけではない。フェイクな上辺がはげ、本性があらわれただけ。

 文春オンライン

「すっかり汚れてしまった」……元民主党ホープ・細野豪志と長島昭久が拡散した“フェイクニュース”

 月刊日本 HARBOR BUSINESS

法を踏みにじる菅政権。日本が近代国家であり続けるために、本気で戦うべき最後の正念場<著述家・菅野完>

 日刊ゲンダイDIGITAL

菅・竹中コンビは何をやるのか 国民が気づいていない怖さ

菅首相の初外遊の目的は武器輸出を成長戦略の柱にすること

 学術会議を破壊する必要があるわけだ。

 大本営広報部大政翼賛会では忖度呆導しかないが、youtubeはまだ違う。

【山田厚史の週ナカ生ニュース】スガは何しに外遊へ? / まだやる?原発
20201021

【森達也さん】「ここまで露骨!!せめて誤魔化せよ!!」日本学術会議、総理が6人
の任命拒否 第47弾