トランプは、ようやく、わかったのだろうか?

2020年7月21日
Moon of Alabama

 ドナルド・トランプ大統領は、再選が危険にさらされているのに、やっと気がついた。その最も明白な原因は、アメリカで、とめどなく蔓延しているコロナウイルス流行だ。

 コロナウイルス流行が中国の武漢で発生した際、アメリカは甘く見ていた。大半の主流マスコミ報道は中国のウソに集中していた。アメリカに対する危険は予期されなかった。

 ワシントン州での初期の小発生は、まもなく抑え込まれた。トランプはコロナ流行は、彼には影響しないだろうと思っていた。彼の考えでは、ロシアゲートやウクライナゲートのように民主党が彼に対して使う、もう一つのニセの脅威に過ぎなかったのだ。

 そこでイタリアが、他のヨーロッパ諸国同様打撃を受けた。それは多少は警告だったが、それでも対策をとるほど十分重大ではなかった。それからニューヨークが続き、最終的に、アメリカが無防備状態なことに全員がひるんだ。

 トランプは、何かしなければならないのに気がついた。混沌としたホワイトハウスが、おそらく必要になるだろうあらゆるもの、 マスクや人工呼吸器や薬品を買い占め始めた。全国的に封鎖が実行された。株式市場は崩壊したが、市場と彼の富を救うまで、トランプは連邦準備制度理事会を脅迫した。毎日、彼は流行と、それに対する彼の「素晴らしい」対応についての有名な記者会見をした。

 ニューヨークでの犠牲者は、主に下層階級の黒人であることが分かった。トランプの社交集団は、ごく少数しか影響を受けなかった。ニューヨークの感染者数は減少したが、経済は依然停滞していた。あらゆる著名専門家の意見に反して、トランプは流行は終わったと宣言した。

 彼は記者会見を止め、封鎖解除を強く主張した。選挙には勝たねばならず、それを可能にするには、経済は復活していなければならなかった。

 だが、ウイルスには、違う計画があった。六月のオクラホマ州タルサでのトランプ選挙運動集会は失敗だった。余りに少ない人数しか参加しなかった。通常なら、このような催しに参加したはずの、特に高齢の人々が欠席したのだ。七月始め、トランプは、ライブの選挙運動を止めた。そこで、トランプに投票をした州に、コロナ流行が大きな波がきた。死に瀕していたのは、リベラルなニューヨークの下層階級黒人ではなく、突然、トランプに投票していた共和党州の白人高齢者になったのだ。

 アメリカの雰囲気は、彼に不利になった。トランプ支持の世論調査の数字は下がっている。経済は依然停滞している。人々は不安で、安心感を得たいのだ。番組中に彼がアウトを宣告された日曜日のフォックス・ニュースインタビュー(書き起こし)は、彼にとって、悲惨なものだった。

 昨日、マスクが嫌いだったトランプは、これをTwitterに投稿した

 目に見えない中国ウイルスを打ち破る取り組みで我々は団結しており、社会的距離をとれない時には、マスク着用は愛国的だと、多くの人々が言っている。皆様お気に入り大統領、私以上の人は他にいない。

拡大する

 このツイートには、100,000以上のリツイートと、ほぼ300.000の似たようなものがある。トランプは、コロナ流行についての報道関係者説明会を再び毎日行うと発表した。

 彼は、とうとう、気がついたのだろうか

 中国の習主席、韓国の文大統領、ドイツのメルケル首相など、コロナ流行で、彼らの国を成功裏に対応させた指導者全員、彼らの国々の実績から政治的に恩恵を受けている。イギリスで、へまをしたボリス・ジョンソンでさえ、世論調査で、さほど下がっていない。彼は少なくとも、国民を気にしているように思われる。

 トランプが、今から正しく振る舞えば、コロナ流行はまだ彼を選挙で勝利させることが可能だ。彼は共感を示さなくてはならない。彼は(えり抜きの)専門家に話させなければならない。彼は専門家の詳細なことには、できる限り発言せず、一般論に留めるべきだ。

 テレビに毎日登場するのは選挙運動上は素晴らしいだろうが、世論調査で彼への支持を上げるには不十分だろう。そのためには、彼は気にかけていることを示す必要がある。

 コロナ流行を恐れる必要はないと国民に言うのは間違いだ。彼は人々が不安を持っているのを認め、孤立しているのは彼らだけではないと保証しなくてはならない。そうした後でのみ、彼は、国民に、仕事に戻り、子供を再び学校に行かせ、マスクをつけ、社会的距離を維持し、適切に振る舞うよう要求できるのだ。

 トランプは、そうすることができるのだろうか?

 私は疑念を持っている。

記事原文のurl:https://www.moonofalabama.org/2020/07/is-trump-finally-getting-it.html

———-

 演技者として才能はとてつもないが、政治でそれをやられると、とんでもないことになる。たとえばヒットラー。

 日刊ゲンダイ

恐怖の小池都政 知事から“クビ宣告”の元都庁OB幹部が語る
<4>オリンピック中止で辞職し「国政復帰」というシナリオ

第2波が開幕 悪夢の記念日になりそうなスポーツの日

 「羽鳥慎一モーニングショー」で、玉川徹氏が、小林慶一郎氏にインタビューして、PCR拡大を阻んでいるのは医系技官の方針であることを示した。

 郷原信郎の「日本の権力を斬る!」で、上昌広氏が、より具体的に語っておられる。

上昌広医師に新型コロナウイルス、検査・ワクチン・治療薬について聞く