安倍政権・官邸による情報統制と監視社会化

日本を守るのに右も左もない さんからの情報です。


 

日本では、小泉政権の世耕チーム以来、官邸によるメディアコントロールが強まっている。
特に2012年の第2期安倍政権からは警察官僚出身者による、マスコミ・メディアコントロール、宮内庁などへの警察出身者の配置・・・監視の目と情報統制が強まっている。警察国家に突き進む日本、それは何故か?

安倍政権の情報統制を仕切る男。・・・東海アマさんの記事に興味深い記事があった。
日本は既に政権と警察官僚による、強烈な監視社会化している。

安倍政権の黒幕中の黒幕、公安警察元締め、北村滋とは?
より以下引用(一部省略)

「官邸のアイヒマン」あるいは「ゲッペルス」などと称される北村滋は、公安警察出身で、黒川弘務とともに、安倍政権の司法機関守護神として長い間、安倍を支えてきたが、2019年9月より、日本版NSC(CIAと同格の国家情報統制管理局)と呼ばれる「国家安全保障局長」、内閣特別顧問になっている。
つまり、日本における、秘密裡の諜報・情報工作機関の総元締めに就任している。

・原発運営に都合の悪い記事は、ネット上から完全に消してしまった。
それだけでない、安倍政権に都合の悪い、公式統計まで改竄、捏造を平然と行うようになった。
したがって、チェルノブイリ事故後の周辺国死者に比べて、異様に少ない福島や東日本の死者数も、統計を改竄捏造している可能性が非常に強い。

・ブログを勝手に削除されたり、グーグルやヤフーが検索から排除しているのは、私だけでなくIn deepもそうらしい。
・もちろん、メディアも桁違いに凄い。テレビ局や新聞社の首脳陣は、「安倍会食」に呼ばれて、例えば久兵衛とか数寄屋橋次郎なんかの鮨屋に連れていかれて、政権に協力するよう安倍が直接、メディア支配を行うのだ。
・個人的に著名なジャーナリストや芸能人もやられている。個人の力はたかが知れてるからいいが、テレビ局のCEOやNHKの会長まで、安倍応援団で固められていて、テレ朝などは早川CEOが有名な安倍応援団で、この男の就任以降、テレ朝は、報道番組から、古賀茂明や古舘一郎、小川彩佳ら体制批判組を追放した。
・最悪は、NHKの籾井勝人だった。この極右、安倍礼賛野郎が会長に就任してからというもの、NHKは100%、安倍政権讃美放送機関と化し、安倍政権ヨイショ以外の報道を一切しなくなってしまい、国民の共有財産を、右翼保守が完全に私物化してしまっていて、これは籾井退任後も、いまだに続いている。

こうしたメディアコントロール、情報操作の元締めが、「国家安全保障局長」北村滋なのである。 北村は、日本に民主主義があっては、共産主義勢力に浸食されて日本国が崩壊すると頑なに信じているようだ。
 ここまで宗教的で強固な信念によって、安倍政権独裁をお膳立てするには、相当に若い内から極右思想に染まっていないと説明がつかない。
 北村は、東大時代の自分の思想的痕跡までネット上から完全に消去しているが、私は、彼の思想性から、東大原理研だったのではないかという疑いを晴らすことができいない。

 なお、安倍が、自分の周辺に親衛隊として置いている人物は、北村や杉田など警察官僚に加えて、世耕弘成らの経産省グループがいる。
 世耕は、早稲田原理研の指導的メンバーであった疑いがネット上に出回ったが、これを書いた、あらゆるブログ、情報に対して、安倍政権は弁護士を用意して、恫喝を行い、次々に管理サイトに強制削除させている。

日本のマスコミは、
金貸し(ロスチャ)による世界的なマスコミコントロール(主に株主支配・スポンサーである企業からのコントロール、情報源) マスコミは誰のものか?と、官邸による情報統制(法制と警察による権力支配)の2重支配構造になっている。そして、ネット監視が年々強められている。
それにしても、日本の場合は発想が強権管理一色に染まり、人々や各企業集団・地域などの自主性を上げていこうという発想が全く感じられない。支配勢力の視野が狭いのか・・。

さらに安倍政権と警察庁及び統一教会の関係について書かれている。

警察庁サイバー部隊とうのは、以前は、統一教会のメンバーであることがネット上に暴露されていたが、今は完全に削除されてしまって、痕跡もない。このように、安倍政権は、弁護士を使って、一斉にネット全体に圧力をかけて、情報操作、管理を行おうとしている。

また、私のパソコンから、志布志事件における警察官の個人情報などを記録したファイルが消されてしまっていることから、こんなことが可能なのは、警察庁サイバー部隊しかないと予想している。
私は、こうした指示を行っているのが北村滋であり、その手足として統一教会が使われていて、だからこそ、この男が原理研=統一教会と深い関係があるのではないかと疑っているのだ。
安倍晋三は、統一教会の資金援助で議員活動を行ってきた人物であり、安倍三兄弟と呼ばれる、北村恒夫・岸信夫らは、すべて統一教会と密接な関係があり、韓国の日本支配の橋頭堡として資金援助を受けている疑いが強い。

そもそも、中曽根政権時代に、原理研は、全国の国立大学などに数十も立ち上がっていて、自民党の選挙運動に運動員として協力し、その見返りにキャリア試験合格組が、自民党の推薦によって各省庁に優先的に配置された。
行き先は、防衛庁・文部省・最高裁・最高検・各検察・警察丁などの司法部門だったといわれる。

一体、日本の官邸と半島(韓国・統一教会)と警察はどういう関係があるのか?
このブログでも半島由来の日本の支配層について、何回も記事を書いているが、現代も闇が深い。
この辺りについてはまた整理したい。

【関連記事】
現在の政治状況、安部内閣と背後の闇勢力
ネット工作員の正体

by Hiroshi