用心は最も安全な方策

2020年5月28日
Paul Craig Roberts

 多くの評論家が経済活動再開はパンデミックの終わりの兆しと解釈している。これら評論家の多くは、Covid-19の現実や、深刻さを否定したり、封鎖や社会的距離の必要性や有効性や、マスクの必要性や有用性を否定したりしている。

 パンデミックと、それに対する公式対応は、9月11日以来我々に押しつけられている警察国家を推進する陰謀だという疑念を引き起こした。それはビル・ゲイツの大規模ワクチン接種計画や大手製薬会社の数十億ドル利益のためにでっちあげられた機会だと強調する人々もいる。パンデミックが人為的な策謀か否かにかかわらず、それは確かに、中国との対立を含め、様々な狙いを推進するために使われている。

 こうした疑念や考え方は、用心の欠如を推進するため危険な面がある。例えば、危機は過ぎたやら、決して本物ではなかったという考え方は、ウイルスが消滅したか、それほど危険ではない形に突然変異したという考え方と同様、我々を第二波に対する準備不足にしかねない。これらの考え方は、スペイン風邪の経験にも裏付けられていない。第二波は、ウイルスがいっそう危険な形に突然変異していたので、第一波よりずっと致命的だった。(https://www.history.com/news/spanish-flu-second-wave-resurgence)ローラ・スピニーによるスペイン風邪の本、Pale Rider(蒼ざめた騎手)も参照のこと。

 パンデミックが、でっちあげられた危機だという考え方は、その世界的規模や、ジョンズ・ホプキンス大学が編集し報告したデータと一致しない。第二波前の現時点で、5,690,000人以上の患者と355,000人の死者がいる。全ての国の中で、アメリカは患者数と死者数が最多だ。( https://sputniknews.com/world/202005281079438354-covid-19-live-updates-coronavirus-global-death-toll-surpasses-355000-case-count-nears-57-million/ )

 しかも多くの人々が病気のままだ。アメリカでは、170万人が感染し、100,000人が死亡し、391,508人が回復し、まだ120万人が、ウイルスを持った病人だ。そう、過小、あるいは過剰報告を含め、データの問題があるのを私は知っている。にもかかわらず、武漢や、ニューヨーク市や北イタリアのような感染者数が大きい地域で、医療や葬儀に対するウイルスの圧力が大きいことを知っている。

 もう一つの誤解は、若者は、おおよそウイルスに感染しないので、自由に行動してよいというものだ。世界保健機関WHOのアフリカ地域部長によれば、「[アフリカで]感染している人々の大多数が、5歳から、45歳の若い人々だという傾向だ。」( https://sputniknews.com/world/202005281079438354-covid-19-live-updates-coronavirus-global-death-toll-surpasses-355000-case-count-nears-57-million/ ). さらに若者は死亡率が低いからといって、自由に動き回って、死亡率がより高い人々にウイルスを蔓延して良いことを意味しない。公共政策は決して自己愛な自分本位を基盤に作るわけにゆかない。

 我々がウイルスについてほとんど知らず、ワクチン接種計画や大手製薬企業の利益に邪魔なので、低コストのHCQ/亜鉛の効果的な治療が攻撃を受けており、我々が大手製薬企業の利益に操られている狙いを受け入れるまで、強欲が人々を死なせ続けている。

 自明のことを主張することに対し、陰謀論者は、私が陰謀の一部だと言い、馬鹿者は、私が実際は用心を呼びかけているのに、私が永久封鎖を好んでいると言うだろう。

 我々は健康に対するこの病気の危険と、病気の危険を、公共の利益に役立たない狙いのために利用することの危険の両方に注意する必要があるのだ。我々がウイルスについてごくわずか知らないのだから、用心こそが最も安全な策だ。

 Paul Craig Robertsは元経済政策担当財務次官補で、ウオール・ストリート・ジャーナルの元共同編集者。ビジネス・ウィーク、スクリップス・ハワード・ニューズ・サービスとクリエーターズ・シンジケートの元コラムニスト。彼は多数の大学で教えた。彼のインターネット・コラムは世界中の支持者が読んでいる。彼の新刊、The Failure of Laissez Faire Capitalism and Economic Dissolution of the West、HOW AMERICA WAS LOST、The Neoconservative Threat to World Orderが購入可能。

 ご寄付はここで。https://www.paulcraigroberts.org/pages/donate/

記事原文のurl:https://www.paulcraigroberts.org/2020/05/28/caution-is-the-safest-policy/

———

 ローラ・スピニーによるスペイン風邪の本、Pale Rider(蒼ざめた騎手)を引用した記事に下記がある。スペイン風邪当時には、アメリカでさえ、マスク着用が法制化されていたのだ。

1918年の米国、マスク非着用は違法の地域も 何が変わったのか?

 「国会女子会」というものを初めて拝聴。

【国会女子会 No12】コロナと黒川と内閣支持率 20200528

 東京新聞ならではの、望月衣塑子記者による伊東詩織さんインタビューを朝刊で拝読。

 日刊IWJガイド IWJインタビュー本日の再配信 コロナのタヌキ退治に必見?

【小池都政に騙されるな!これまでの都知事選を振り返る シリーズ特集 2・IWJ_YouTube Live】20:00~「都知事選最終盤!『大本命』小池百合子候補の真の『素顔』は『クリーン』からほど遠い極右政治家!~岩上安身によるインタビュー 第667回 ゲスト 神戸学院大学教授・上脇博之氏(小池百合子候補編・前編)」
視聴URL: https://www.youtube.com/user/IWJMovie/videos?shelf_id=4&view=2&sort=dd&live_view=501

 2016年7月に収録した、岩上安身による神戸学院大学教授・上脇博之氏インタビューを再配信します。これまでIWJが報じてきた上脇博之氏関連の記事は以下のURLからご覧いただけます。
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/tag/kamiwaki-hiroshi