再開は言葉だけ?

2020年5月2日
Paul Craig Roberts

 大々的に宣伝された「開かれた」スウェーデン経済が実際は開かれておらず、不参加のおかげで、閉じられているのと全く同様、アメリカ30州で進行中の「再開」は言葉だけかもしれない。スウェーデン国立銀行は、映画やイベントやスポーツへの参加が90%減っていると報じている。レストランやカフェや事業は70%減少しており、ホテル利用率、わずか10%だ。全体的なスウェーデン経済は、アメリカの現在の推計以上で、11%に落ちており、消費者信頼感調査は、ヨーロッパ全体よりも、スウェーデンで落ちている。

 言い換えれば、経済が開かれているかどうかは、政府だけで決めることはできない。スウェーデンでは、経済は名目上開かれているが、国民が自己隔離している。明らかに、スウェーデン国民は、ウイルスを脅威と認識して、脅威に注意深く対処している。もしアメリカ人、あるいは十分な数のアメリカ人が、ウイルスを脅威と認識すれば、経済を再開しても、本当に再開はできないだろう。

 様々な要素が、公衆衛生当局や政治家への不信の欠如を招いている。要素の中には、準備欠如や、矛盾する声明や、危機を、大量ワクチン接種や警察国家管理のような狙いに利用していることや、合意された効果的治療の欠如、治療ミスによる病院での死などがある。病気について良く知られておらず、それがいっそう、この病気を恐ろしくする。

 もしスウェーデン人の振る舞いが指針だとすれば、経済再開をしても、正常への、いかなる迅速な復帰をもたらすまい。我々は、個人や企業や政府予算が赤字であるアメリカのような国での結果について考え始めるべきなのだ。

 Paul Craig Robertsは元経済政策担当財務次官補で、ウオール・ストリート・ジャーナルの元共同編集者。ビジネス・ウィーク、スクリップス・ハワード・ニューズ・サービスとクリエーターズ・シンジケートの元コラムニスト。彼は多数の大学で教えた。彼のインターネット・コラムは世界中の支持者が読んでいる。彼の新刊、The Failure of Laissez Faire Capitalism and Economic Dissolution of the West、HOW AMERICA WAS LOST、The Neoconservative Threat to World Orderが購入可能。

 ご寄付はここで。https://www.paulcraigroberts.org/pages/donate/

記事原文のurl:https://www.paulcraigroberts.org/2020/05/02/reopening-in-words-only/

———-

 人の政治を「悪夢のよう」と表現する悪魔連中、夢ではなく悪の現実を毎日実行中。彼らに投票した皆様、満足だろうか?

 東京新聞

<コロナ緊急事態>感染研も出勤8割減? 厚労省指示 先月中旬5割、「業務に支障出ず」

 LITERA

安倍首相がまた「死者数は正確」「必ずPCR検査」デタラメ強弁! 解剖医からは「死亡者のPCR検査を拒否された」の声が多数上がっているのに

 日刊ゲンダイDIGITAL

院内感染42人…都立墨東病院の今「医療崩壊は信頼の崩壊」

 植草一秀の『知られざる真実』

悪徳安倍政治象徴としてのPCR検査妨害