【動画】WHOテドロスの正体:エチオピアの悪魔  世界保健機関の腐敗を告発するドキュメンタリー

天野統康さんのブログ「金融システムから見る経済社会論」より転載させていただきます。


 

コロナショックによって全世界から最も注目を集める機関になったWHO世界保健機関。

 

以下の動画はこの組織のトップに就任しているテドロス事務局長の経歴とWHOの実体を特集した16分の短編ドキュメンタリー作品である。

 

https://t.co/uaNwK8U6JS

 

WHOの腐敗っぷりや、エチオピアで人権侵害を行ってきたテドロスの行いなどが分かりやすく解説されている。

 

WHOは国際製薬企業の利権団体となっており民主的な機関ではない。

 

ここでもビルゲイツ財団が絡んでいるようだ。

 

コロナショックの原因とともにワクチンの強制接種や現金の廃止などの対策にも警戒していかなくてはならない。

 

世界の医療製薬産業の闇は深い。

 

その闇は、自由民主制(資本主義と民主主義の融合)を管理してきたイルミナティ・フリーメイソン最上層部・国際銀行軍事権力の闇と直結しているのである。

 

 

今回の記事の関連本

 

(記事終了) 

 

amanomotoyasuのTwitter→https://twitter.com/amanomotoyasu

 

フェイスブック→https://www.facebook.com/motoyasu.amano

 

Youtube→https://www.youtube.com/user/07amano/featured?disable_polymer=1

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

■操作される日米欧の自由民主制(資本主義経済と民主政治)のモデル

 

・現在の自由民主制の欠陥を克服し、民主主義の完成を目指す理想の社会モデル 

 

・上記の全体像の詳しい図解の説明はこちら 

【操作される資本主義経済 図解のまとめ】 

https://ameblo.jp/amanomotoyasu/entry-12439985745.html

 

【操作される議会制民主政治 図解のまとめ】

https://ameblo.jp/amanomotoyasu/entry-12396147950.html

 

 

 ■日米欧の自由民主制の隠されてきた仕組みについての詳しい解説はこちらの本をお読みください

↓ 

 

<リンク>天野統康の本 

https://amzn.to/2UCsN14 

 

■寄付・支援のお願い 当ブログでは真の民主社会を創るために必要な 情報発信や研究などの活動を行っています。

 独立して活動をするには、時間や労力、お金がかかります。 

是非、皆様のご支援をお願いいたします。

 ・みずほ銀行

 ・立川支店

 ・預金種目:普通 

・口座番号:2478209 

・口座名:アマノ モトヤス

※入金されたお金のご返金は原則としてできません