急転回の米大統領選情勢と今後の展望

植草一秀教授からの情報です。


 

米国議会でトランプ大統領による一般教書演説が行われた。

演説終了後、議長席で演説を聴いていたナンシー・ペロシ下院議長が立ち上がると、トランプ大統領の演説原稿を真っ二つに切り裂いた。

Photo_20200206122501
この映像だけが流されると、ペロシ議長の行為は行き過ぎではないかと感じる人が多いと思う。

いくら演説内容に不満があっても演説原稿を壇上で切り裂くことはひどすぎると。

しかし、これには原因があった。

演説のため登壇したトランプ大統領は演説原稿を壇上のペンス副大統領とペロシ議長に手渡した。

原稿を受け取ったペロシ議長はトランプ大統領に握手の手を差し伸べた。

トランプ大統領はペロシ議長を一瞥することもなく前を向いて演説を始めた。

「やられたらやり返す。倍返し」

というのがペロシ議長の行動であって、トランプ大統領の非礼な対応を踏まえればペロシ議長の行動は不当なものと言えない。

重要なことはメディアがこれらの経緯を公正に報じるかどうかだ。

原稿を破り捨てた場面だけを報じれば、ペロシ議長の行動は行き過ぎであるとの感想が浮上する。

トランプ大統領が握手を無視した場面を含めて報じれば、ペロシ議長の行動がおかしいとの判断は生じない。

メディアの一部はトランプ大統領の握手無視の場面を伝えずに原稿を破り捨てたことだけを報じている。

人気ブログランキングへ

メディア偏向の一事例である。

11月大統領選に向けて民主党は候補者氏名の最終段階に入る。

その先陣を切るのがアイオワ州の党員集会だ。

2月3日に開催された。

ところが、民主党事務局が準備した投票用アプリの取り扱いでトラブルが生じて投票結果の集計が大幅に遅れた。

とりあえず中間発表値が公表されたが、事務取扱のトラブルによる民主党のダメージは大きい。

世界が注目する中で民主党が失態を演じてしまった。

現時点では暫定値であり、最終集計結果ではないが驚きを与える暫定数値結果になっている。

38歳の新鋭ビート・ブティジェッジ氏がトップに躍り出た。

筆者が開催しているTRI政経塾では昨年6月24-25日の第28回会合で、資料にピート・ブティジェッジ氏の写真を掲載して、再注目候補であることを伝えた。

当時37歳の新鋭で、国政経験がないことから、どこまで浮上できるかは未確定だが、大統領選のダークホースとして最も注目しておくべき候補者であることを伝えた。

民主党候補者ではバイデン元副大統領、サンダース上院議員、ウォーレン上院議員にブティジェッジ氏、さらにブルンバーグ元NY市長の5名が有力候補である。

人気ブログランキングへ

このなかで、大統領本戦が白熱することになる民主党候補はウォーレン氏かブティジェッジ氏であることをTRIレポート(『金利・為替・株価特報』)に明記してきた。

http://uekusa-tri.co.jp/report-guide/

ウォーレン上院議員は民主党左派の候補者で女性の弁護士である。

米国では女性大統領の誕生に対する期待が根強い。

ウォーレン氏は清廉潔白な人物とされており、大きなブームを引き起こす原動力を有する。

高齢の候補者が多いなかでブティジェッジ氏は抜きん出て若い。

弁舌も極めてさわやかで分かりやすい。

受け答えもソフトで人当たりが極めて良い。

トランプ大統領の対極に位置付けられる好青年であると言える。

ブティジェッジ氏かウォーレン氏が民主党候補になると大統領選は極めて白熱したものになる可能性が高い。

大統領交代の可能性も大幅に高まることになる。

これまでの候補者選定ではアイオワ州とニューハンプシャー州の結果が極めて重要な意味を有してきた。

ブティジェッジ氏が2州で好成績を収めると同氏が民主党大統領候補者に急浮上する可能性がある。

ブティジェッジ氏は同性愛者であることを公表しているが、多様性を重んじる新しい時代のリーダーとして閉塞感の強い米国社会に風穴を開ける役割を担うことになる可能性がある。

人気ブログランキングへ

メルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」

https://foomii.com/00050

のご購読もよろしくお願いいたします。

上記メルマガを初めてご購読される場合、
2ヶ月以上継続して購読されますと、最初の一ヶ月分が無料になりますので、ぜひこの機会にメルマガのご購読もご検討賜りますようお願い申し上げます。

https://foomii.com/files/information/readfree.html

人気ブログランキングへ

続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第2547号「望月衣塑子記者質問外しに番記者が加担か」
でご購読下さい。

『アベノリスク』(講談社)
動画配信はこちら
著書と合わせてせて是非ご高覧下さい。

2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:540円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.comまでお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

 

価格:994円 通常配送無料

出版社:詩想社
amazonで詳細を確認する

 

価格:907円 通常配送無料

出版社:発行:祥伝社
amazonで詳細を確認する


日本経済を直撃する「複合崩壊」の正体

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:発行:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

あなたの資産が倍になる 金融動乱に打ち勝つ「常勝投資術」~(TRI REPORT CY2018)

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:発行:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

「国富」喪失 (詩想社新書)

価格:994円 通常配送無料

出版社:発行詩想社 発売星雲社
amazonで詳細を確認する

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する


泥沼ニッポンの再生

価格:1,512円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

日本経済復活の条件 -金融大動乱時代を勝ち抜く極意- (TRI REPORT CY2016)

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

米国が隠す日本の真実~戦後日本の知られざる暗部を明かす

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:星雲社
amazonで詳細を確認する

価格:1,512円 通常配送無料

出版社:ビジネス社

amazonで詳細を確認する


日本の奈落 (TRI REPORT CY2015)

価格:1,728円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

日本の真実 安倍政権に危うさを感じる人のための十一章

価格:1,620円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

日本経済撃墜 -恐怖の政策逆噴射-

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:ビジネス社
amazonで詳細を確認する

価格:1,680円 通常配送無料

出版社:日本文芸社
amazonで詳細を確認する


オリバー・ストーンが語る もうひとつのアメリカ史 1 二つの世界大戦と原爆投下

価格:2,100円 通常配送無料

出版社:早川書房
amazonで詳細を確認する

アベノリスク 日本を融解させる7つの大罪

価格:1,575円 通常配送無料

出版社:講談社
amazonで詳細を確認する

鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ)

 

 

鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ)

価格:1,470円 通常配送無料

出版社:飛鳥新社
amazonで詳細を確認する

金利・為替・株価大躍動 ~インフレ誘導の罠を読み解く