東電・原発・裁判所・政府・学者・マスコミ・・・ウソで塗り固められた旧社会 vs 新たな欠乏・意識の登場

日本を守るのに右も左もない さんからの情報です。


 

原発、東電旧経営陣3人に無罪 リンク より

ecef0_1675_500492646edf44907df0da94080a39d7

あの原発事故を起こしておいて無罪。
原発の危険性や津波の危険性は事前に指摘されていたにも関わらず「想定外」。

そもそも裁判所に期待するのが無理ということ。
原発を正当化し、お墨付きを与えてきたのは裁判所。そこに期待するのも言語矛盾。
そして2012年以降の不正選挙も、
数百件に登る訴訟に対し、高裁は即日結審のインチキ裁判で棄却。マスコミも一切報道せず。

社会空間に情報を流し、社会共認を作り出している連中、金貸し・政府・学者・マスコミ・・・
それらを人々の頭に植え付けている制度的仕組み:法制度、学校、

人工物質・自然破壊による滅亡の予感も日に日に高まっている。
しかし、政府もマスコミも本当のことは伝えない。
タバコやアスベストを悪者に仕立ててスケープゴートにしている。
中世魔女狩りの時代となんら変りはない。

お上・政府の暴走が止まらない
お上の暴走年表
管理・独裁国家を目指す日本のお上、乖離を深める集団・民族意識

★彼らの関心は
己の地位と利権を守ることしか頭にない。

★しかし、お上の暴走も彼らの焦り。
ウソ・ゴマカシの数々が明らかになり、支配制度そのものが限界を迎えているということ。
不正選挙までやらざるを得なくなったのも、そうでもしないと彼らの身分が保たれないから。
彼らは相当追い詰められている。

5000年前の戦争勃発 →国家が成立して以降、お上は力・強制圧力で人々を支配してきた。
その時代が限界を迎えたということ。

そしてついに、5000年の次元を超えて、新たな欠乏→意識→新たな場→新たな観念が生まれつつある。
脱学校や脱市場はあたりまえの潮流になってきた。
その動きを鮮明にする。
お上はますます統合力を失い、社会は混沌としていくだろう。
「自分とは関係ない」という意識も旧社会・制度が作り出す意識。
社会を守る。再構築する。
そのためには、よりこの「世界・社会の構造」をつかむ必要がある。

by Hiroshi