ベネズエラ反政府派のボスと同盟者は誰だろう?

クロドバルド・エルナンデス
2019年8月27日
オリノコ・トリビューン

 ベネズエラ反政府派のボスと同盟者は世界の誰だろう? それは非常に示唆に富む情報なので、我々は頻繁に繰り返してこの質問をするべきだ。政治では、格言が言う通り、人はつきあう仲間によってわかる。

 政敵と支援者を詳細に識別することが不可欠なので、チャベス主義者はこの質問をするべきだ。だが彼らの多くが、善意から、自分の死刑執行人を支持していることがあり得るので、反政府派自身によっても問われるべきだ。双方にうんざりしていて、政治に無関心とされる無党派の人々も、この質問をすべきだ。2019年のベネズエラのように状況がこれほど深刻な状態では、これを避ける手はない。

 ではボスから始めよう。多分これはパンフレットの文句のように聞こえるだろうが、これは観察可能な事実だ。ベネズエラの反政府派は、アメリカ共和党中の急進右翼に率いられており、これは些細なことではない。政治的に言って、ドナルド・トランプと彼の仲間は超保守派で、白人至上主義で、言葉の厳密な意味での帝国主義者だ。経済的観点からは、彼らは大企業の道具だ。最近財政的にも、文化的にもメディアとつながっている軍産複合体の。

 このような政治エリートが、ベネズエラ現地の同じような連中や、彼らのようになることを望む連中から称賛と服従で見られるのは理解できる。これはベネズエラの伝統的極右指導部が、彼らを正当な基準点として使用している理由だ。まさにアメリカが作ったイデオロギー学校で仕込まれた集団が、それほど公然と手先として、アメリカ支配エリートの現地代理人役を果たすことで、自分の正当性が認められると感じるのも理解可能だ。

 中産階級部門が、それほどやみくもに、このような取りまき連中(その中には、エリオット・エイブラムスやジョン・ボルトンやマイク・ポンペオのような大量殺人者や精神病質者がいる)が民主主義と人権の見本と見なせると信じることも理解可能かもしれない。 資本主義が長年、容赦ない文化的、教育的、メディア覇権を築いたので、それは理解可能かもしれない。近頃資本主義は、そこでも、その考えを強いるため、ソーシャル・メディアを支配している。トランプがアメリカ大統領で、ヤイル・ボルソナーロがブラジル大統領であるという事実が、このようなサイバー・プロジェクトの明確な証拠だ。

 本当に現状を解析して、一体何が危機にあるかを知りたいと望むベネズエラ人は、トランプと彼の一団は一体誰かを、ほんの少し研究してから、以下を自問できる。彼らのような連中が我々の権利を気に掛けるだろうか? 彼の国と南の隣国間に壁を建設したいと望む男、親を子供たちから切り離して、刑務所の檻に入れる男が、自分たちの裏庭と見ている場所で暮らしている、これほど人種的に入り混ざった熱帯の人々を彼が心配していると信じるべき理由などあるだろうか?

 彼らの同盟者に移ろう。コロンビアには、麻薬取り引きと民兵組織に深くはまり込んでいて、最近署名された協定を撤回し、社会指導者を殺害しながら、自分たちが実際にしている全ての罪を、常にベネズエラ政府のせいにして非難し、国境の向こう側を指し示す支配階級がいる。コロンビアでベネズエラの反政府派の友人たちと会った後、彼らがベネズエラの本当の友人だと思うベネズエラ人全員、彼らの支持を表明するという瞬間には、少なくとも注意深くあるべきだ。

 他の国境を見ると、ほかならぬボルソナーロ政権がある。これは、比較すれば、トランプさえ穏健に思われるような恐竜だ。この政府は余りに反動的で、女性家族人権相臣は、肌着をつけないから、貧しい少女たちがレイプされると言う。ここでご自身の結論を出して頂きたいが、この連中がベネズエラ反政府派の友人たちであることを想起願いたい。

 我々は国毎に分析できるが、手短にするため、最近8月11日に行われた大統領予備選挙の結果にさらされたアルゼンチンを見るべく、痛ましいリマ・グループは丸ごとスキップしよう。

 この南の国の場合、国民に社会主義、あるいは少なくとも、多少社会主義的な政府を放棄するよう説得しようとしてグローバル覇権主義資本主義がした偽りの約束について振り返るだけで十分だ。彼らは魅力的な約束をしておいて、どのようにやるべきか知っている唯一のことをする結果になった。既に金持ちの連中を更に金持ちにし、既に排除されている多数の人々を一層多く排除したのだ。

 前の新自由主義政府が彼らを沈めた水面の上に頭を出すのをキルチネル政権が助けたアルゼンチン中産階級は、資本主義市場の見えざる手と、あらゆる社会部門に達するとされる富の物語を信じて罠にはまった。今彼らはトランプ(金持ち家族出身の大物)や他の連中に酷似していて、我々の反政府派のもう一人友人であるこのマクリに歴史的戦利品を与えるのをいとわないように思える。皆で注目しよう。

記事原文のurl:https://orinocotribune.com/who-are-the-bosses-and-allies-of-the-venezuelan-opposition

———-

 読者の方にご教示頂いて、ブログ『世に倦む日々』で興味深い記事を拝読した。

 浅井基文の反論と論破 – これぞ日本の国際政治学の知性と良識

 早速、浅井基文氏ご本人のブログも拝読してみたが、どれが出典記事か良くわからない。

 浅井氏のお説はもっともだが、ブログ筆者のご提案には同意できない。「あとは、浅井基文にテレビに出る努力をてもらいたい。単にHPの発信で満足するのではなく、SNSで拡散して積極的なエバンジェリズムに出て欲しい」というのだが。

 「テレビに出る努力をしてもらいたい」といっても、まともな人々を皆放逐し、太鼓持ちしか出さないのは共犯者テレビの側だ。浅井基文氏には何の落ち度もない。浅井基文氏に限らず、小生が尊敬している方々の大半、決してテレビに呼ばれない。たとえば常連としてテレビ番組に出演していた岩上安身氏、番組でTPPに触れた日に即降板するよう言われたのだ。韓国とは違い、日本のマスコミ、実態は政府広報機関、韓国映画『共犯者』そのものである点こそご指摘頂きたいもの。

 孫崎享氏の今日のメルマガ題名

韓国外交院外交安保研究所ジャパンセンターで提言。安倍首相は1965年協定を引用し、「請求権問題が完全かつ最終的に解決」と主張。だが村山談話「戦後処理問題に誠実に対応」。これ踏まえ将来の肯定的発展の為「日韓の新たな未来を構築の為の行動宣言」作成を提言

 孫崎享氏講演を聞かれるとは、韓国の方々は懐が深い!

 「厚生労働政務官を辞任」だけでなく、是非「文部大臣を辞任」も。

日刊IWJガイド「口利き疑惑の上野宏史衆議院議員が厚生労働政務官を辞任! 任命責任は安倍総理! 動機は自民党の公認を確実にするため!」2019.8.29日号~No.2541号~(2019.8.29 8時00分)