HKKSJN業界の筧大先輩、2審も死刑。

リチャードコシミズさんからの情報です。


 

 

青酸連続死、筧千佐子被告に2審も死刑判決

 

 京都、大阪、兵庫3府県で起きた青酸化合物による連続変死事件で、夫と元交際相手計4人への殺人罪などに問われた筧

かけひ千佐子被告(72)の控訴審判決で、大阪高裁(樋口裕晃裁判長)は24日、求刑通り死刑とした1審・京都地裁の裁判員裁判判決を支持し、被告側の控訴を棄却した。

 

 1審判決によると、筧被告は2012~13年、夫と交際相手の計3人(死亡時71~75歳)に青酸化合物を飲ませて殺害。07年には交際相手の男性(09年5月の死亡時79歳)に青酸化合物を飲ませて殺害しようとした。

 弁護側は「被告は犯人ではない」と無罪を主張したが、17年11月の1審判決は、被告が入手困難な青酸化合物を所持していたことなどから「被告による連続毒殺事件」と指摘。被告は認知症で、訴訟能力の有無も争点だったが、「症状は軽く、訴訟能力に問題はない」と判断していた。

 3月の控訴審初公判で、弁護側は改めて無罪を訴え、認知症の進行を理由に精神鑑定の実施などを求めたが、樋口裁判長は認めなかった。

 

 

筧千佐子さん、HKKSJN業界の大先輩ですね。今回は、夫を含めて4人の高齢男性を殺したということで「2審も死刑判決」でしたが、実は、もっとたくさん殺していて、8人という説もあります。

認知症なのか偽装しているのかわかりませんが、人を殺したのは間違いないようで、旦那よりも前に交際していた70代の男性3人が死んでいたり。旦那の死亡で数千万の保険金が入ったみたいで、舞い上がってしまった?内縁関係になって、遺書を書かせて10億円を手に入れたこともあるのだそうで。

 

婚活パーティーで知り合った高齢男性を次々とたらしこんだわけで、毎年ほぼ一人殺していますね。色仕掛けで、奥さんをなくして寂しい思いをしている高齢男性を篭絡する。内縁関係になって殺して、財産を奪う。

凄腕ですねー。でも、死刑。当り前ですけどね。毎回、青酸カリを使ったみたいで、よくまあ、8人殺すまでバレなかったもので。

 

そういえば、HKKSJN団のメンバーさんの中にも似たような「経過」の方いましたねー。旦那が続いて、お二人死んじゃったりね。ま、SJNとは関係ないでしょうけれどね、たぶん、きっと、おそらく、なんとなく。ほかにもいたなー、ま、止めておこうか。

ということで、筧大先輩の場合、青酸カリで殺害の実行行為をやってしまったので、極刑は逃れえない。死刑4回分くらい罪を犯してますので。

でも、HKKSJN犯が、みな死刑かというと、そんなことはない。実行行為に関わらず、団のスキームに従って、金を手にしただけなら死刑にはならないかも。、ただし「殺人教唆」となると、殺人と同じ重罪となってしまう。でも、実行行為者でない場合は、逃げ道は結構ありそう。

 

それに、HKKSJN団に入って、肉親殺しの「順番待ち」段階だった人は、まだ殺っていないのだから、死刑にはならない。ただし、断念すればの話。

ということで、HKKSJN団によくものを考えずに入ってしまった困ったちゃんは、団の冷徹さ、非情さ、恐ろしさを知らないわけで、組織幹部に「あいつは、余計なことを喋りそうだな。」と思われたら、赤信号です。ご自分の命を心配されたらいかがかと思います。「自殺」させられないようにね。
以上、みんな、生きている間は頑張ってねー。