KMR-母にHKKSJN手口を教えたのは誰?

リチャードコシミズさんからの情報です。


 

 

「小室圭の母、小室佳代さんが、元婚約者に対し驚くべき発言をしていた。 婚約者から婚約破棄と借金返済を突きつけられた時に、 なんと、息子である小室圭を養子にしてくれと頼んでいた。 しかも、その時に・・・・・小室圭も同席して同意していた。 その本当の狙いとは・・・」

 

 

KMR-Kが元婚約者の養子となった状態で、元婚約者が死ねば、遺産は、KMR-Kが相続することになる。なにしろ、KMR-母の周囲では3人も親族が自殺しているわけで、4人目が死んでも全く不思議はない。

そういえば、KMR-母は、元婚約者の生命保険の受取人を自分にするよう依頼していた。

おーこわ。

あのー、KMR-母さんにHKKSJNを指南していたのは、元保険代理店さんとかそういう人?保険に詳しい工場主とか?だれだろなー?わかんない。!(^^)! でも、知っている人だったりして。背後に「組織」があるよねー。40人くらいいるかなー。