【動画】公共貨幣を唱える山口薫教授の講演会 崩壊させられた平成の日本経済

天野統康さんのブログ「金融システムから見る経済社会論」より転載させていただきます。


 

 

名著「公共貨幣」を著した国立アンカラ社会科学大学経済学部の山口薫教授の公共貨幣講演会の第1回目が5月11日にトルコからネット実況で行われた。

 

その動画がYoutubeにアップされました。

 

以下の文章が公共貨幣フォーラムの関係者から頂いた動画の内容です。

 

 

第1回公共貨幣講演 2019年5月11日

 

「歴史の転換点:グローバリズムの終焉ー崩壊させられた平成の日本経済をケースにー」国立アンカラ社会科学大学経済学部教授・山口 薫

 

グローバリズとは何か
グローバリズムは誰が、何のために推進しているのか?
グローバリズムの支配戦略:分断とコントロール
支配の手段:お金と洗脳
お金とは何か、どこから来るのか?
預金(機能的貨幣、Mf)はどうして無から創造されるのか?
最初に預金が無から創造される
日本のマネースクトック
グローバリズムのもとで ”ジャパン as No.1”
グローバリズムの米国に挑戦し、再度敗れ、崩壊してゆく日本
日銀を使ったバブル・炸裂戦略
宴のあと、家計や企業はどうなったか
マネーストックは誰かの借金から生まれる!
債務貨幣システムのデザイン欠陥 バブル、不況
債務貨幣システムの崩壊
政府債務の増大
所得格差の拡大
債務貨幣システムの欠陥デザインは修復できるのか?
”貨幣改革ブログラム” 6名の米国経済学者が提案
貨幣改革、シカゴプランとは何か?
公共貨幣システムを提案
グローバリズムにどう再挑戦するか?
公共貨幣のロゴ誕生!

 

一般社団法人公共貨幣フォーラム
https://epm.public-money.info/jp/

 

 

第2回の講演会は5月18日(土)午後8時より放送されます。
以下のリンクから観ることができます。
https://zoom.us/j/3933933694

 

5月18日の2回目の講演会は今、日米で話題になっているMMT理論について、公共貨幣の立場から批評するとのことです。

 

 

ご興味がある方はぜひ、ご視聴下さい。