メイ政権 結局 EUに留まるつもり!

日本や世界や宇宙の動向さんからの情報です。

 


 

短い記事ですが。。。
メイ政権は最初からEUに留まることを考えてきました。そのためEUとの離脱交渉をテキトーに済ませてきたのです。その結果、EU離脱が延期されてしまいました。その間、メイ政権はEUに留まるための法整備をしているようです。NWOエリートはイギリスのEU離脱は許さないのです。そのため、これまでの交渉は全て茶番劇。全てが誤魔化しです。再び英国民は騙されましたね。どうなることやら。

https://www.facebook.com/VeteransforBritain/posts/1122896091227816
4月28日付け
 
Veterans for Britainからの情報:

イギリスのメイ政権はEUに留まる準備をしています。そして、海外の造船所に数十億ポンドもの支援船を造らせる予定です。
チャンスを無駄にするなんて嘆かわしい。
‪仕事、スキル、訓練、投資の全てを失うことになります。

英政府はWTOの規則を受けいれ、それらを英国製にしてもらいます。

画像に含まれている可能性があるもの:海、空、屋外、水

↑ こちらの画像は政府が最近成立させたDefence and Security Public Contracts Regulations(直訳:防衛安全保障契約修正法案)を示していますが、この修正案はEUの防衛調達命令と同じものになります。この修正案は承諾なしに移行したり離脱する選択肢が設けられているとされていますが、EUはイギリスに対し必ずEUの規則に従い続けることを命じています。