安倍を引きずり降ろし、タックスヘブン61兆円を回収し、消費税を廃止しよう!

リチャードコシミズさんからの情報です。


 

 

そもそも、消費税額は、8%の現時点で17兆円程度しか税収がない。5→8%時で1兆円以下しか増えていない。そして、3%時、5%時ともに一般会計税収は減っている。2014年の8%時の影響がこれから出る。消費税を上げると所得税収も法人税収も減り、税収全体では減る。

 

当たり前だ。消費税は、消費マインドを冷え込ませる。物が売れなくなる。企業の業績が悪くなる。法人税収が減る。従業員の給与が減る。所得税収が減る。では、なぜ、安倍一味は、消費増税に固執するのか?

日本経済を減速させ、米欧に歩調を合わせて没落するよう仕向けるためである。日本経済は、底力があり、放置すると、自力更生で健全化してしまう。日本だけが経済的に健康であると、世界中の余り金が東京に集まってしまう。NYのユダヤ金融資本が困る。日本を弱体化するために、311人工地震、熊本人工地震が仕組まれたのだ。安倍一味は、確信犯であり、NYのハザール悪魔の「使用人」である。家畜である。

 

日本国に消費税はいらない。大企業がケイマン諸島に隠している金だけで61兆円ある。企業がいくら隠しがねを持っても、日本経済に寄与しない。ただの死に金である。日本国は、安倍に代わるまっとうな総理を選出し、タックスヘブンの金を全額回収すべし。そして、消費税を廃止せよ!

おい、安倍公、対日寄生虫作戦、そろそろあきらめろ!