19/4/1 フルフォード情報英語版:「令和の時代」が開始し、日本軍の大将らはシオニストの手下どもに対抗する準備が整う

「シャンティ・フーラ」さんからの情報です


 

 キーナン氏によると、インドネシアこそ新時代の至宝。その総選挙が、今月17日に開票されます! なのにウィドド大統領の対抗馬、見るからに怪しげな狸親父だし、副大統領のお兄ちゃんはめっさ不自然な爽やかさ。
 アジアの長老たちからも信頼され、M1に指名されたインドネシアの初代大統領スカルノを、スハルノが自宅軟禁に追い込みます。それからインドネシアは数々の作為的な“天”災人災に苛まれてきましたが、キーナン氏はそれでもカバールに抵抗するウィドド現大統領を高く評価しています。

 そして全ての道はローマに通ず。イタリアの「黒い貴族」は、ローマ時代から代々続く御家柄だそうで、この前はフルフォード氏への読者の投稿で、ファルネーゼ家の実態が暴かれていました。
 ローマ法王も幾人も出している名門家系ですが、幸いなことに今では支配力を完全に失った模様。先月20日に、「イエズス会を支配するゾロアスターの13家……が表のイルミナティを支配する最高権力者です。……黒い貴族たちですが、今日の11時15分に、1人を除いて残りはすべて滅ぼされました。」と竹下氏も解説されていました。物質世界にも反映されていっているようです。イタリアはヨーロッパ諸国の先陣を切って、新たな輝く時代へと入ろうとしています。
 ――で、新天皇となっても相変わらず他国に支配されている、日本の夜明けは? あ゛、大阪で維新が勝っちゃいましたわorz

(Yutika)
————————————————————————
「令和の時代」が開始し、日本軍の大将らはシオニストの手下どもに対抗する準備が整う
投稿者:フルフォード

新時代の幕開け

「令和の時代」が正式に始まった今、日本軍はハザール・シオニストの手下どもに抗う準備が整った、とホワイト・ドラゴン・ソサエティに接触してきた複数の大将らが述べている。

【※自衛隊で「大将」に相当する階級となると、幕僚長か最低でも将官になるのではないでしょうか。ちなみに「自衛隊」なんて呼称で日本人シープルは煙に巻けても、傍から見れば単なる「日本軍」です。】

一般の人々は新たな時代が5月1日から始まると聞かされているが、我々のNSAの情報源や日本の右翼筋が言うには、徳仁天皇は2019年、つまり令和0年の4月1日の今日、支配権を掌握したそうだ。

日本の学者らによると「Reiwa」つまり「令和」という名称は、「調和【を尊ぶ】日本らしさを重視する」と訳すことができ、しかもどうやら歴史上で初めて中国ではなく日本の古典から取られたものらしい。ハザールマフィアが中国による保護を求めて、その引き換えに日本を売り渡そうと試みた訣だが、この選択はそれに対する反応から来ている部分もある、と日本の右翼筋が言っていた。

リチャード・アーミティッジや、マイケル・グリーンバーグ、ジェラルド・カーティスといったハザールマフィアの工作員は、新時代の幕開けの一環として、“ジャパン・ハンドラー”としての役目を【既に】剥奪されている、と天皇に近い日本の右翼筋は言う。

【※「グリーンバーグ」:実際には「マイケル・グリーン」だと思うのですが、フルフォード氏は何故か毎回ユダヤ風っぽくアレンジされます。】

ツイートはシャンティ・フーラが挿入

日本の大将らは、もし日本が再び独立することを願うのであれば、外国所有の日本銀行を国有化し、議会と総理府と大手メディア諸企業を支配下に置く必要が出てくる、とホワイト・ドラゴン・ソサエティ(WDS)から助言された。幾人かの大将はこれに同意し、既に起こっていることだと言っていた。

日本←メキシコ←……イタリアの命令系統?

だがしかし今日NSAは筆者の自宅へ、とある人物を寄越してきて、口頭で私に報せたのだ。徳仁天皇は……

……メキシコの億万長者カルロス・スリムの命令に従っていると。彼ら【NSA】が言うには、徳仁に命令をしている“カルロス・スリム”とやらは、世間の前に姿を現すあのカルロス・スリムとは異なる人物で、どちらかというと車椅子の【よぼよぼの】老人なのだそうだ。

ツイートはシャンティ・フーラが挿入

これを部分的に裏付ける話として、ホワイト・ドラゴン・ソサエティはこの前、自分たちは非常に強力【な存在】なのだと主張するメキシコの複数の組織から接触を受けた。組織ぐるみの支援をしてくださるそうだ。

この話にひとかけらでも真実があるかどうかは【将来、実際に】何が起こるかで明らかになっていくだろうが、【一つ】はっきりしているのは、もしこれが本当ならば、その足跡はメキシコからバチカンやP2フリーメイソンへと通じているということだ。

» 記事の続きを読む / » Continue Reading More