天皇は北朝が正統であり、天智天皇系で、若干の例外を含むとは言え、天照大神、神武天皇の血を受け継ぎ、南朝は天武天皇の系統で、イスラエルの血筋である

「シャンティ・フーラ」さんからの情報です


 

竹下雅敏氏からの情報です。
 “続きはこちらから”のツイートをご覧ください。別班マンさんは、“明治天皇が田布施の大室寅之祐から更に徳川慶頼の子・箕作奎吾に変わった”と言っています。また、その下の動画をご覧になると、明治以降、天皇が北朝から南朝に変わったと言われているものの、実際には徳川家の血筋に乗っ取られているように見えます。
 フルフォード情報でも、皇太子には天皇の血が1滴も入っていないと言っていましたが、私が見ても、皇太子は徳川の血筋なので、指摘の通りだと思います。
 なぜ、こうなっているのかがわからなかったのですが、張勝植氏の著作を読んで、その謎が解けました。本のp67に「徳川さんというのは、今の天皇家のこと」と書かれています。
 田布施の大室寅之祐が睦仁親王に成り済まし、明治天皇になったと考えられていますが、その明治天皇(大室寅之祐)は、“日本で影武者を立て”韓国に渡ったと言っています。
 こうなると、いわゆる「日ユ同祖論」なのかと思ってしまいますが、 p92~93には、“ユダヤの「失われた十支族」は古代、日本にやってきた、という話は嘘”と言っており、かなり複雑です。
 p89には“1万2000年前の縄文時代の人が、シュメール文明をつくった…縄文人は、シュメールで文明を築き…東方に向かって移動して、満州と朝鮮半島で高句麗をつくり、最後に日本にきた”と言っています。張勝植氏はどうやら、血筋の大元をシュメールとしているようです。
 記事をご覧になると、万人幸福の世界を実現するにあたって、“世界中の王族の血統を一つにまとめた世界天皇がその事業の中心となる”と言っています。おそらく、張勝植氏は、自分がその世界天皇であると言っているのだと思います。
 こうした話の流れから、満州、統一朝鮮、日本をひとつにまとめた大高句麗国が張勝植氏の構想の中にあるのではないかという気がします。
 最後の出版社からのコメントをご覧になると、明治天皇(大室寅之祐)は、南朝の直系だとあります。そして、“北朝の天皇は幕府から守られてきたのとは逆に、南朝の継承者はサンカ(山家)として数百年にわたり機会をうかがい潜伏してきた”と書かれています。
 私の考えでは、天皇は北朝が正統で、天智天皇系です。若干の例外を含むとは言え、北朝は天照大神、神武天皇の血を受け継いでいます。これに対して、南朝は天武天皇の系統で、イスラエルの血筋です。
 しかし、張勝植氏にすれば、南朝はイスラエルの末裔ではなく、シュメールの末裔ということになるのでしょうか。p218を見ると、アヌンナキの「アン」、または「アヌ」と呼ばれる最高神について、張勝植氏は、“シュメールの神様です。アマテラスオオミカミと一緒に、3000人が人の世界に来た…地球の「餡」からやってきた”言っています。
 要するに、アマテラスオオミカミはアヌンナキで、地球内部からやってきたと言っているようです。
 コーリー・グッド氏が接触した古代地球離脱文明の7グループは、シュメール文明の建設に関わったと言っています。しかし、彼らは神ではありません。張勝植氏は、高度に科学力の発達した地底人と神々の区別がついていないようです。まして、ホツマの神という概念は全くなさそうです。このように、本当の神々に関する知識は、この地球上からほとんど消えてしまっているのです。
 しかし、日本はその本当の神であるホツマの神(天津神)を祀る稀有な国なのです。
(竹下雅敏)
————————————————————————
朝鮮名は張基元 朝鮮半島から[万人幸福の世界作り]を目指した明治天皇  単行本 張勝植 (著)
引用元)

(前略)
内容紹介
明治天皇は日本で影武者を立て
自らは日韓併合時の朝鮮半島に渡っていた⁈ 
(中略)
古庄團(ふるしょうだん)の7代にわたる使命と系譜
(中略)
基元(大室寅之祐、明治天皇)の母は、
オーストリア皇帝フェルディナント1世の隠し子(子女)であり、
初代と2代目によって、密かにアメリカに亡命、養育された
それと同時にヨーロッパで生まれた正烈(Jung Youl:3代目)もアメリカに亡命、
その後2人が結婚し、4代目基元(大室寅之祐)が生まれる

大室寅之祐が居た田布施の山に立入禁止区域がある
田布施ではずっと以前より金を掘っていた 
その後、金鉱が尽きると甲府に移りさらに秘密裏に金を産出(横浜正金銀行) 
このゴールドがヨーロッパに渡りBISの基金になり
アメリカに渡ってFRBの基金となった

基金の正統な継承者は基元とその直系子孫
ロスチャイルドはこれらの基金の十数パーセントに当たる額の運用を任されている
(中略)
古庄團とは高句麗でありエデンの園のこと
また古庄團とは縄文のことであり
争いのなかった世界に今の地球を戻す意味 
世界中の王族の血統を一つにまとめた世界天皇がその事業の中心となる
計画は基元の3代前から始まり今の7代目勝植に引き継がれている
その究極の目的は、アンに始まりエンキとエンリルの戦いにまみれてきた地上の暗黒の歴史に終止符を打ち、万人幸福の世界を実現すること 
(中略)
出版社からのコメント
古庄團の7代にわたる使命と系譜

古庄團の初代は、日本の天皇家の中で、南北朝に分かれて以来、正当な継承者である南朝の直系の当主にあたる。

日本において、北朝の天皇が武家政権の幕府から守られてきたのとは逆に、南朝の継承者は山家として幕府の監視の目を避けながら数百年にわたり、機会をうかがい潜伏してきた。 
(以下略)

» 記事の続きを読む / » Continue Reading More