ユダヤ問題のポイント(近・現代編) ― 外伝36 ― 籠絡せられし者たち

「シャンティ・フーラ」さんからの情報です


 

 ひとたびその仕掛けられた罠の落とし穴に填まると、徐々に深みに引きずり込まれ、よほどの奇跡的なことが無い限りは脱出不能となる・・・。これが、イルミナティがその目的を達成するために張り巡らせてきた罠です。
 現実として、この罠となる陥穽は現代社会のいたるところにあります。私自身も知人の子息がその罠に填まってしまったであろうことを見てしまってもいます。その子息は「ジャニーズ系芸能人の追っかけ」という他愛も無いその行動が誘因となって、陥穽に嵌まりこんだのです。その子息、残念ながら既にどうしようもない状態に至っていると見ざるを得ない状況です。
 イルミナティの罠は社会のいたるところありますが、特に彼らはあらゆる組織の中枢にある重要ポストの人物を標的にします。その手口は古典的ですが、大概は「金と女性」を使って籠絡するのです。そうやってイルミナティの操り人形に仕立て上げるのです。イルミナティは人間の心の隙その闇の部分を巧みについてくるのです。
 王族や貴族、または富豪や立派な地位にある人物でも、実際には中身は自立できていないケースは多いのです。愛情欲求と独立欲求が満たされていないのです。中身としては、野心とその裏返しの不平不満と不安の塊となっている王族貴族や重要ポストの政治家などは多く、イルミナティにとってはこういった人物は格好の獲物となります。
 天の配剤によるのか、フランス革命の計画は露見していました。それにも関わらずイルミナティは獲物を巧みに利用して、フランス革命を実現させたのです。
(seiryuu)
————————————————————————
ユダヤ問題のポイント(近・現代編) ― 外伝36 ― 籠絡せられし者たち

大東社ロッジの拡張 ~露見した秘密計画

フランス革命の実現に大きな役割を果たしたのが大東社ロッジの存在です。以前に記した通り、元来フランスのフリーメーソンの主流派はポジティブなテンプル騎士団の流れをくむジャコバイト派だったのです。しかし勢いを失ったジャコバイト派にとって変わり、フランスのフリーメーソンの主流となったのが大東社ロッジです。大東社ロッジがフランス革命の温床となったのです。

大東社ロッジが設立されたのがフランクフルトの秘密会合の1773年です。その後、フランス等欧州でどんどんと大東社ロッジが数を増して設立されるのです。これを主導したのが、ロスチャイルド初代からフランス革命実行の代理人に任命されたアダム・ヴァイスハウプトです。彼は1776年にロスチャイルド初代たちの支援によってバーバリアン・イルミナティを組織すると同時に、大東社ロッジを設立・拡大させたのです。

アダム・ヴァイスハウプト
Wikimedia Commons [Public Domain]

複数の情報がありますが、『ユダヤ・ロスチャイルド世界冷酷支配年表』44頁に次のようにあります。

 1776年✡「(バーバリアン・イルミナティ設立後)ヴァイスハウプトはじきに、「イルミナティ」の原則を抱いてフリーメーソンのコンチネンタル・オーダーに侵入した。そして大東社ロッジを自分たちの秘密結社の本拠地として次々と設立していった。

これがすべて、マイヤー・アムシェル・ロスチャイルドの命じたものであり、財政的な支援も彼が行っていた。この考え方は、その後世界中のフリーメーソンのロッジに広がって今日に至っている。」

ヴァイスハウプトがフランス革命の裏にいた証拠となる事件があります。

 1784年✡「アダム・ヴァイスハウプトは、フランス革命を起こせという命令を一冊の書物の形に仕上げて、マクシミリアン・ロペスピエールに送った。(中略)…特使を使ってフランクフルトからパリに送られた。だが、特使がその途上で雷に打たれたため、計画を詳しく記した書物は警察官に発見され、バイエルン当局の手に渡った。

結果として、バイエルン政府はヴァイスハウプトが組織した大東社のフリーメーソンのロッジと仲間の有力者たちの自宅を家宅捜査するように命じた。」(『ユダヤ・ロスチャイルド世界冷酷支配年表』46頁)

マクシミリアン・ロペスピエール
Wikimedia Commons [Public Domain]

この密命を帯びた特使が雷に打たれた件は、『闇の世界史』では112頁に「ドイツのユダヤ人イルミナティからフランス大東社のフリーメーソン大棟梁に宛てられた」指令を携えた急使が馬車ごと雷に打たれ死亡し、指令文書は警察からバイエルン政府に渡った、とあります。

この結果『ユダヤ・ロスチャイルド世界冷酷支配年表』47頁に、1785年にバイエルン政府は自国内の大東社ロッジを全て「不法」として閉鎖、更に1786年には指令書を一般公開し、文書として欧州の教会と国家指導者全てに送ったと記されています。

バイエルン政府が自国内の大東社ロッジを閉鎖して、欧州各国とキリスト教会に警告書を発しているのです。フランス革命の背後に大東社ロッジを拡大させたヴァイスハウプトたちの存在があったのは否定できない事実となります。

» 記事の続きを読む / » Continue Reading More