自民党本部のリチャード・コシミズ対策本部のゴロツキの皆さんへ

リチャードコシミズさんからの情報です。


 

 

自民党本部のリチャード・コシミズ対策謀略部隊の皆さん、今日も、相変わらず、工作失敗ですか?

今回は、ちょっと、間抜け過ぎましたね。使っている手先の質が悪すぎますね。シナリオを描かれている方も、相次ぐ失敗で、複数の方が更迭されちゃったでしょうね。「朝鮮悪と部落悪がのっとった日本」という事実を隠ぺいしたい皆さん、ここのところ、焦燥度が増しているみたいですね。

金と色と薬で篭絡した工作員。本人の「私ならできます。」申告を信じて、高額の成功報酬とお薬支給を約束して、RK対策に投入しても、毎回毎回、何も始まらないうちに失敗確定。工作に失敗するたびに「使えない扶養家族」が増えてしまって、とんでもない大所帯になってしまいましたね。今や、200匹くらいいるのかな?

工作員にとって大事なのは、お金とお薬なのであって、工作に成功などしなくても報酬さえもらえればいいわけでして、自分たちの仕事の成果を過大自己日評価して、大袈裟に報告し、たくさん報酬を手に入れたいだけのクズとカスなんですね。だから、嘘吐きだらけw。工作に失敗しても、取り繕う。報告しない。

なにをやっても、リチャード・コシミズ一人黙らせることができない。暗殺も、何度も何度もいいところまで持っていきながら、最後に功を焦って失敗。安倍愚鈍晋三が、「早く始末しろ」と、怒鳴り散らすから、末端が焦っちゃうんですね。内閣情報室も、どうにも使い物にならないですね。

わかるかなー、RKは消すことが不可能な存在なんですよ。黙らせることもできない。買収が効かない。ハニトラが効かない、。薬も使えない。そういう見えない力が働いているって、いい加減、わかりませんかね?だから、嘘八百の個人攻撃の垂れ流しくらいしかできない。

いまだに、ヘンなのが2,3匹湧いて出ていますけれど、いつもと同じですよー。なにも効果なし。能力ゼロx200匹=ゼロなんですねー。社会のダニに与える内閣機密費、もう底を突きましたかぁ?w

では、日本の裏社会、世界の裏社会を退治する最終作業に戻ります。ご清聴ありがとうございました!

リチャード・コシミズ