まさに今世界経済が急速に悪化しています。

日本や世界や宇宙の動向さんからの情報です。

 


 

世界経済に関して良いニュースはないようです。
アメリカン航空はボーイング737便の墜落(偽旗)事故により1日に90便もキャンセルすることに。株価がかなり安くなっている今の間にアメリカン航空の株を爆買いし株価が値上がりしたときに株を売って大儲けする投資家がいるはずです。
現在、世界的に製造活動が鈍化しています。日本も同様です。マスコミや政府も日本経済があまりよろしくないことを隠さなくなりました。これまではアベノミクスが成功しているかのような報道の仕方でしたが、もう事実を隠しきれなくなっているのでしょう。
世界経済を崩壊させたいのはNWOのエリートたちです。今回は世界中を混乱させようとしているのでしょう。

https://www.investmentwatchblog.com/american-airlines-is-cancelling-90-flights-a-day-as-boeing-737-max-remains-grounded/
3月25日付け

最近のボーイング737便の墜落事故(2度)により、アメリカン航空(ボーイング社の航空機のうちの24機)はサービスの向上と混乱を防ぐためなどの理由で(FAA連邦航空局の命令により)4月24日まで1日に90便をキャンセルしています。

(この間、アメリカン航空の株価が下落し続けています。)

https://www.investmentwatchblog.com/the-world-is-slowing-down-at-an-alarming-speed-the-stock-market-is-in-an-extended-topping-process/
3月25日付け

世界経済がただならぬ速度で減速しています。株価の乱高下?が続いています。

先週の欧米の製造業のデータからも、世界経済が(FRBの今年の金融政策に逆行して)急激に減速していることが分かります。

アメリカのPMI購買担当者景況指数はまだプラスの領域にありますが、アメリカの製造活動は鈍化しています。
ドイツやフランスでも製造活動が鈍化しています。ドイツのPMIを見ても、ドイツの製造活動がこの7年間で最も急速に鈍化しているのが分かります。

PMIが50を超えれば製造活動が拡大していることであり、50を下回れば活動が鈍化していることを示します。

ユーロ圏の製造活動が中国と同様に鈍化しています。
また、アメリカの経済成長はこの2年間で最低率まで減速しています。

FRBは、今年中の利上げはない、9月にバランスシートの縮小を終了する、と発表しましたが、世界経済の鈍化の主な要因の一つに警戒感が増していることがあげられます。先週の欧米の製造活動に関するデータからも警戒感が増しているのがわかります。