(有料)15日に開いた日銀の政策決定会合 実体経済向け信用創造という概念の欠落

天野統康さんのブログ「金融システムから見る経済社会論」より転載させていただきます。


 

 

天野統康の有料ブロマガ

「マネーと政治経済の原理からニュースを読む」

を更新しました。

 


15日、日銀の黒田総裁が金融政策決定会合後の
記者会見を行った。

そこで、現在の世界と日本の景気認識について語ると共に
米国で話題になっているMMT(現代貨幣理論)について
語った。

景気認識や経済政策についても、現代貨幣理論においても
実体経済向け信用創造という概念が欠落していること
について解説する。

関連記事

 ・日銀「景気、年後半に回復」 追加緩和をけん制      2019年3月16日 日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO42544400V10C19A3EA4000/

 

 

 

続きはこちらから→<リンク>マネーと政治経済の原理からニュースを読む

 

 

 

 

クリックして拡散のための応援をお願いします

br_c_4523_1.gif

社会・政治問題ランキング  

 

===================================

※天野統康の有料ブロマガ

「マネーと政治経済の原理からニュースを読む」

では細切れのメディア情報に振り回されず、仕組みの全体像から
ニュースを読み解き、生活やビジネスに役立つ情報を提供しています。

FP業(2003年~)、作家業(金融と政治経済の本を5冊出版)などの

経験をもとに、独立した立場から企業やメディアの意向に左右されない
情報提供を行うために発信を行っています。

※ご登録は下記のページの右下にある「入会する」ボタンを
クリックして下さい。
http://ch.nicovideo.jp/amanomotoyasu