5Gになると、人々はその強力な電磁波から逃れることができなくなり、特に大都市での健康被害は深刻! ~支配層には大変都合が良い5G~

「シャンティ・フーラ」さんからの情報です


 

竹下雅敏氏からの情報です。
 ファーウェイのCFOが逮捕されたという事件がありましたが、本質は5G戦争だということです。確かフルフォードレポートだったと思いますが、健康被害を与えることがはっきりとわかっているのに、中国がファーウェイを使った5Gに邁進していることに対する攻撃だったということでした。
 5Gはその便利さゆえに、バラ色の未来のみが語られるのですが、脳に与える損傷を防ぎようがないという点からは、逆に生き地獄のような未来が待っているのではないかという気がします。
 5Gは、支配層には大変都合が良いようです。ツイートをご覧になると、5Gの実験直後に大量の野鳥が落下しているのがわかります。
 “続きはこちらから”のカレイドスコープさんの記事によると、現在の4Gですら、世界保健機構(WHO)は“長電話を避けて、できるだけ要件だけで電話を切る”ように勧めているとのことです。
 これが5Gになると、強力な電磁波から逃れることができなくなります。特に大都市では、その健康被害は深刻であると思われます。
 せめて、寝る時だけでも電磁波被曝を避けるために、電磁波をシールドする蚊帳が必須になるのではないでしょうか。
 外出時はもちろん家の中でも、クマムシ型の電磁波完全防護スーツを着て過ごすようになるかも知れません。こうなると、スーツを脱ぐということがなくなり、いつしか人類は、自分がスーツの中に入っていることを忘れ、我々はクマムシから進化したと信じるようになるのではないか。
 何れにしても、この問題を解決するにあたって、ぺりどっと氏に電磁波対策を研究していただき、ぺりどっと通信にて発表してもらえるとありがたい。
(竹下雅敏)
————————————————————————
支配層が5Gを世界的に導入したい理由
引用元)
(前略)
当局(支配層)が5Gテクノロジーを世界的に導入したい理由とは>
https://www.investmentwatchblog.com/the-secret-reasons-tptb-want-5g/
(概要)
3月1日付け
(中略)
1. 警察国家の体制下で受動的スキャナーで5Gバックスキャッターを読み取り、人々の自宅にある全てのモノを詳細に把握する。外から家の壁を貫通し腕時計が何時を示しているのかも見える。

2.人々は5Gが原因であることを証明できずに、白内障、癌、脳損傷など、様々な病気や損傷の被害を受けるようになる。

人々から銃を押収しやすくなる。5Gにより、どんな銃や銃弾がどこに隠されているのかがすぐにわかるようになる。
(中略)
支配層は5Gが脳損傷を引き起こすことを知っています。しかしワクチンと自閉症との関連性を隠蔽してきたように、5Gと脳損傷の関連性も隠蔽するでしょう。
(中略)
あなたが携帯電話とアンテナの間に挟まれた時、あなたの脳は5Gから最も強く影響を受けるため、その位置にいるのを避けてください。
 ニューヨーク市では既に複数の5Gタワーが設置されましたが、タワーの近くに住む住民らは既に具合が悪くなっています。

————————————————————————
配信元)

 

» 記事の続きを読む / » Continue Reading More