好景気はウソ。統計不正で誤魔化しても、日本経済の実態は、大幅に下振れしている!

リチャードコシミズさんからの情報です。


 

 

好景気を偽装するため、統計不正まで「安倍晋三の命令」でやってきた日本。

統一教会、日本会議、清和会が乗っ取った日本政府。何もかも嘘で固めた詐欺師、安倍晋三。実は、2018年10月から、日本の景気は下方に転じていた。今後、順調に経済は悪化する。アベノミクス大失敗が露呈する。

それでも、安倍政権の支持率は上がるんですか、読売右翼変質者新聞さん?気は確かですか?

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
 

コメント好景気なんて嘘八百。景気後退を中国のせい…byサムライ輿水応…

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190304-00000005-jij-pol

■「最長景気」に疑問符も=中国減速で生産下振れ
3/4(月) 7:04配信 時事通信
 「景気拡大は本当に『最長』を更新したのか」。

 政府の景気認識に民間エコノミストから疑問の声が上がり始めた。中国経済の減速を背景に電子部品などの需要が鈍り、生産の指標が下振れしているためだ。

 政府は1月、2012年12月に始まった景気拡大が今年1月で6年2カ月となり、02~08年の「いざなみ景気」(6年1カ月)を超え、「戦後最長になったとみられる」(茂木敏充経済財政担当相)との認識を示した。

 しかし、その後に公表された経済指標は悪化が目立つ。2月末に発表された1月の鉱工業生産指数(速報値)は前月比3.7%低下し、3カ月連続のマイナス。生産の基調判断は「緩やかに持ち直している」から「足踏みをしている」に下方修正された。

 第一生命経済研究所主席エコノミストの新家義貴氏は「景気は戦後最長と報じられたが、覆されるかもしれない」と指摘。三菱UFJリサーチ&コンサルティング主席研究員の小林真一郎氏も「昨年10月が景気拡大の頂点とされ、戦後最長が幻に終わることも想定される」との見方を示す。

 内閣府が今月7日に発表する1月の景気動向指数も大きく低下するとみられている。同指数は景気の拡大・後退の判断で重要視される指標。同府幹部によると、景気の基調判断は前月までの「足踏み」から「下方への局面変化」に下方修正される可能性もあるという。

 景気拡大・後退は、専門家でつくる内閣府の「景気動向指数研究会」が1年程度後までの状況も踏まえて判定する。今後、悪い指標が相次げば、エコノミストの間で景気拡大が1月より前に終わっていたとの見方は強まりそうだ。