(有料)予算の前提である統計に不正があったまま消費税対策などを盛り込んだ19年度予算が可決

天野統康さんのブログ「金融システムから見る経済社会論」より転載させていただきます。


 

 

天野統康の有料ブロマガ

「マネーと政治経済の原理からニュースを読む」

を更新しました。

 

 

70c71d9f8d1e41bfbdceddd2f059ec89d2177514
(毎日新聞より転載)

19年度予算案が2日に自民、公明両党の賛成多数で
衆議院本会議において可決された。

予算規模は過去最大の101兆4564億円である。

しかしこの予算は予算の前提である統計に不正が
あったことと、
その前提が崩れたにも関わらず強行する消費税の増税
とその対策に予算がさかれている。

19年度予算案の中身について解説する。

 

 

 

続きはこちらから→<リンク>マネーと政治経済の原理からニュースを読む

 

 

 

 

クリックして拡散のための応援をお願いします

br_c_4523_1.gif

社会・政治問題ランキング  

 

===================================

※天野統康の有料ブロマガ

「マネーと政治経済の原理からニュースを読む」

では細切れのメディア情報に振り回されず、仕組みの全体像から
ニュースを読み解き、生活やビジネスに役立つ情報を提供しています。

FP業(2003年~)、作家業(金融と政治経済の本を5冊出版)などの

経験をもとに、独立した立場から企業やメディアの意向に左右されない
情報提供を行うために発信を行っています。

※ご登録は下記のページの右下にある「入会する」ボタンを
クリックして下さい。
http://ch.nicovideo.jp/amanomotoyasu

 

■勉強会のご案内 真の民主社会を創る会

<リンク>3/16(土)『動画で解説 国際銀行家に管理されてきた資本主義の謎と全体像について』