共産主義に乗っ取られたオーストラリアと、悪魔崇拝=共産主義について

日本や世界や宇宙の動向さんからの情報です。

 


 

ヘンリー・マコウ氏の記事は世界全体の仕組みを解説す内容が多くとても分かりやすいです。
世界を支配しているのがピラミッドの上の方(最上階ではない)に君臨している金融エリートたちですが、彼らが世界を完全に実行支配するために使っているモノが悪魔崇拝と共産主義と中国(親中国の国々も)であることが分かります。
最大の問題は世界を支配しているモノたちは、悪魔崇拝集団であり、サイコパスであり、キチ害だということです。一般の常識ある人間が彼らに何を言っても通じないのです。彼らは人間のお面をかぶった悪魔の手下ですから。どうしょうもありません。                                                  

 

https://www.henrymakow.com/
(一部)
2月14日付け

 

悪魔崇拝集団のインサイダー(内部関係者)が伝える恐ろしい真実とは:

崩壊は急激に起きます。
「行動-反応‐我々の解決手法」

悪魔崇拝者らは人々に彼らの計画を明らかにしても人々は何もしないため人々を自滅するように仕向けます。

 

A.J. Fozdyke氏(シドニーのアルファロッジのメンバー)は10年前から警告を発してきました。
Fozdyke氏曰く:
陰謀は悪魔集団の仕業であり、彼らのゴールは人類の奴隷化です。そして中国共産党は既にオーストラリアを支配しています。

ヘンリー・マコウ氏曰く:
ロンドンを拠点にした銀行カルテルが実質上世界を喰いつくしました。それでも、彼らは世界の全てを所有し、人類を肉体的だけでなく精神的、霊的に奴隷にするまでは満足しません。これこそがNWOなのです。

 

Fozdyke氏によると:
銀行カルテル(Fozdyke氏も彼らの仲間)は左翼の生き方或いは悪魔の生き方をしており、彼らは全てのシープル(従順で自分の意見がなく大勢に従う人々=人類)を(特に)肉体的に所有したいのです。

既に彼らはシープルを精神的、霊的に所有しています。そしてシープルは既に我々の奴隷として機能しているため、彼らの肉体を所有できる日もそう遠くはないでしょう。
 

我々の指導者(ピーター)が仕組んでいる小児性愛とアジェンダに関する記事(Australian Adept Unveiled World Satanic Control — 2010)が掲載された時、誰もその記事の内容を信じませんでした。

しかし我々のアジェンダは順調に進んでいます。

2018年11月26日に既にお伝えましたが、オーストラリアの人々とオーストラリアのみじめな未来は中国に贈り物としてプレゼントされました。オーストラリアは中国の手に渡ってしまったのです。

中国とオーストラリアの間で起きていることをじっと静観してきましたか。我々はオーストラリア、オーストラリアの人々、オーストラリアの未来を中国に与えたのです。

 

2007年の連邦総選挙ではジョン・ハワード首相の保守連合に対し労働党が勝利しケビン・ラッド首相が誕生しましたが、選挙ごとにオーストラリアの有権者らは無意識のうちに全会一致で中国共産党のための政権を誕生させています。
 

オーストラリアの政治家ら、軍隊、フリーメーソン、教会、メディアと同様にオーストラリアの国民もオーストラリアが中国共産党の領土になることを(無意識に)望んでいます。

 

我々のアジェンダはバカで無知で物欲の多い労働者階級に基づいて作成されたものであり、誰も我々のアジェンダを妨害することはできません。人間の魂は安っぽいのです。彼らが必要なものは肩書と多分フールズゴールドでしょう。
共産主義は社会主義が成熟したものです。

  

皆さんは気が付いていないかもしれませんが、経済崩壊は既に始まっています。ここ数ヵ月間、ゴールドとシルバーの価格が上昇していますが、読者の中でシルバーを購入した人はいますか。多分いないでしょうね。シープルは給与小切手をもらって生活していることに満足しています。
経済崩壊は急激に起きます。そして行動、反応そして我々による解決手法が実行に移されます。

我々の指導者(ピーター)は、地球は監獄惑星になると予言しました。
中国がオーストラリア国内に顔認識システムのカメラを導入させる前から、オーストラリア政府は、社会保障受給者に対し顔認識システムを使っていました。 

オーストラリアは我々の試験場であり、欧米諸国で初めて顔認識システムを導入した国です。今後、他の国々でもこのシステムが導入され、世界中が野外監獄と化します。そして我々の夢(地球を監獄惑星にすること)を実現してくれるのが中国なのです。

 

寝る前にベッドで激しく笑うときがあります。我々は大衆が心底欲しがっている物を得ることができるようにしているのです。
自由、責任、安全、保障のどれかを選択するとしても、安全と保障以外は選択できないようになっています。しかしそれがシープルが望んでいることであり我々はそれを彼らに与えています。

https://www.henrymakow.com/ 
(一部)
2月14日付け

 

共産主義とは?

EXPOSED.jpg

(社会が共産主義悪魔崇拝カルトの手に渡ると、人々は悪魔になります。) 

 

今日、パークランド高校の銃乱射事件から丁度1年が経ちました。 

パークランド高校の銃乱射事件は、米国民から銃を押収し、ロスチャイルドの政府借款の独占を守るために実行された心理作戦の偽旗事件でした。米国民から銃を押収した後にアメリカに共産主義体制を確立させることが彼らの主な目的です。

ロスチャイルドは、ルシファー(悪魔)を崇拝するカバラ集団のユダヤ人です。
ロスチャイルドは人類の運命を危険にさらすキチ害の誇大妄想狂集団の代表者です。彼らは世界の貨幣を独占することでオカルトの暴虐行為を人類に行っています。

彼らは無から通貨を作り出し(各国政府は金利も負債もなく通貨を発行できるのに)政府に借金を負わせます。ユダヤ人組織とフリーメーソンはロスチャイルドの悪徳商法に加担しています。我々が使っているお金は単なるクーポンであり、カジノの仮想チップと同じです。彼らはいつでも仮想チップを操作したり無効にすることができます。

彼らのアジェンダは、権力、知識、文化、宗教を含む世界の全てを支配し人類を彼らの奴隷にさせ、世界のお金の独占を維持することです。これこそが共産主義の真の意図なのです。

そのためには、国、人種、宗教(神)、家族(性)を破壊する必要があります。そのために欧米諸国に大量の(不法)移民を流入させています。
また、彼らは共産主義とLGBTの価値観を子供たちに押しつけています。大学は中性化しLGBTを推進しています。企業や銀行は移民や同性愛を推進し、欧米諸国はロシア、シリア、イエメン、イラン、朝鮮と敵対しています。
社会は悪魔に乗っ取られてしまいました。フリーメーソンとユダヤ人組織が悪魔に加担しています。人類の再構成の過程で、社会そのものが自滅していうように仕掛けられたのです。
このような破壊工作は1938年にイルミナティのインサイダーであるChaim Rakovskyがスターリンの内務人民委員部に逮捕された時に考え出されました。

——————-

国家とは、フリーメーソンのユダヤ人が所有する中央銀行(債権者)の戦線なのです。

国家権力が増すということは共産主義ということです。次の段階で世界政府が権力を掌握します。

 bankerwarsuffering (1).jpeg

戦争は既に革命的作用があります。なぜなら戦争が起きる度に共産主義体制へと大きく傾いていきます。

フリーメーソンの目的は共産主義による世界征服です。

共産主義は、我々の世界支配の野望を達成させるための手段です。つまり大規模産業=組織を管理可能な部隊にさせることです。


以下省略