ナチスによるユダヤ人迫害は、実は「ユダヤ人によるユダヤ人虐殺」だった! ~ついにシオニストの謀略が暴かれつつある

「シャンティ・フーラ」さんからの情報です


 

竹下雅敏氏からの情報です。
 フルフォードレポートによると、ついにシオニストの謀略が暴かれつつあるとのことです。ナチスによるユダヤ人迫害は、実は「ユダヤ人によるユダヤ人虐殺」だったことがバレ始めたらしい。正確には、このような極悪非道なことをするのは、ユダヤ人ではなくユダヤ人のふりをした偽ユダヤ人、すなわち悪魔崇拝者たちです。
 ヨーロッパではホロコースト否認論を唱えると犯罪者扱いされるようですが、実際に調べてみると、アフマディーネジャード・イラン元大統領の「ホロコーストは作り話」という発言の方が信憑性が高いことがわかります。こうしたことも、今後明らかになってくると思われます。
 “続きはこちらから”は、シオニストの考え方です。彼らはユダヤ人以外を動物以下の存在(ゴイ)だとしています。自分たちは神に選ばれた者たちで、世界を支配する権利があると本気で信じているようです。この時点で、彼らは未来の地球には居場所がないと思われます。
 文中に、“神はユダヤ人に対して、他民族の労力で裕福になれと命令しました”と書かれています。この一文が事実なら、ここに書かれている神というのは、間違いなく神ではないでしょう。ブラックロッジの大主であるか、エノクかのいずれかではないでしょうか。
 エノクはハイアラーキーの先代のキリストで、ユダヤ人は彼をメタトロンとして認識しています。旧約聖書でイスラエルの民を導いたのがエノクです。旧約聖書で主の言葉とされる大部分が、エノクによるものです。非常に高圧的、支配的で、サディストであったと思われます。
 これに対して、エノクの後にキリストの地位に就いたマイトレーヤは、聖書の物語から推し量ると、マゾヒストだったのではないかと思われます。両者が主と仰いだサナット・クマーラは、性的不能の変態でした。
 地球上の各国政府を支配する最上層部は皆変態で、異常性欲者であることがわかって来つつありますが、それは、彼らを操っていたハイアラーキーの覚者たちも同様だったのです。世界中のほとんどの宗教が、変態によって作られたおぞましいものであるという認識を、人類は持つべきではないでしょうか。
(竹下雅敏)
————————————————————————
ユダヤ社会の内部分裂、変わる欧米の権力構造
引用元)
現在、ユダヤ社会では革命的な動きが加速している。
その理由は大きく2つある。 1つは、犯罪に全く関わっていない一般ユダヤ人が「一部の悪質な連中(ハザールマフィア)のために集団的懲罰を受けるのではないか」とひどく恐れていること。 もう1つは、ホロコーストが 実はユダヤ人をイスラエルに追いやるために引き起こされた「ユダヤ人によるユダヤ人虐殺」であったことがバレ始めたからだ。 これにより、世界権力層、特に欧米権力の最高峰に本質的な構造の変化が起きるのは必至だ。
 
【 ユダヤ社会の分裂 】
「ホロコーストはユダヤ人によるユダヤ人虐殺だった」という話は、これまでタブー中のタブーだった。しかし今、それに関する告発が続々と噴出している。例えば、ポーランド系ユダヤ人で副国務長官など歴代政権の中で長年にわたり重要ポストに就いていたスティーブ・ピチェニック(Steve R. Pieczenik)が2月16日に映像を公開し、爆弾発言を行っている。

彼によると、ナチドイツ軍幹部の多くはユダヤ人だった。そして、ホロコーストに加担したナチ系ユダヤ人による非ユダヤ人犠牲者などについても詳しく証言している。 彼のポーランド系ユダヤ人の親戚も、そのナチ系ユダヤ人の犠牲者であり、中でも特に注目すべき発言は ユダヤ人を大量虐殺したユダヤ人団体が…(以下有料部分)

————————————————————————
配信元)

» 記事の続きを読む / » Continue Reading More