(有料)内戦状態に陥ったベネズエラ危機 日本共産党も独裁的な反米ベネズエラ政権を批判

天野統康さんのブログ「金融システムから見る経済社会論」より転載させていただきます。


 

 

天野統康の有料ブロマガ

「マネーと政治経済の原理からニュースを読む」

を更新しました。

 

 


ベネズエラが内戦状態に陥っている。
反米で社会主義を掲げるマドゥロ政権に対して
国会で多数派を占める野党がグアイド氏を暫定
大統領として支持して対立。
抗議する野党側の市民に対し、政権側が強硬手段に
でて、多数の死者がでている。
この事態に対し、国際社会は反米の姿勢を見せる
マドゥロ政権支持側(ロシア、中国など)と
野党支持側(米国、EU、南米諸国など)に分かれている。
ただし、米国の帝国主義に反対し社会主義を目指す側だからといって
マドゥロ政権を支持するわけではない。
その代表例が日本共産党である。
日本共産党のマドゥロ政権に対する批判する記事から
ベネズエラ情勢を解説する。

・弾圧やめ人権と民主主義の回復を――ベネズエラ危機について 2019年2月21日 しんぶん赤旗
http://www.jcp.or.jp/web_policy/2019/02/20190221-venezuela.html

 

 

 

 

続きはこちらから→<リンク>マネーと政治経済の原理からニュースを読む

 

 

 

 

クリックして拡散のための応援をお願いします

br_c_4523_1.gif

社会・政治問題ランキング  

 

===================================

※天野統康の有料ブロマガ

「マネーと政治経済の原理からニュースを読む」

では細切れのメディア情報に振り回されず、仕組みの全体像から
ニュースを読み解き、生活やビジネスに役立つ情報を提供しています。

FP業(2003年~)、作家業(金融と政治経済の本を5冊出版)などの

経験をもとに、独立した立場から企業やメディアの意向に左右されない
情報提供を行うために発信を行っています。

※ご登録は下記のページの右下にある「入会する」ボタンを
クリックして下さい。
http://ch.nicovideo.jp/amanomotoyasu

 

■勉強会のご案内 真の民主社会を創る会

 

<リンク>3/2(土)アベノミクスの景気拡大が戦後最長で最弱な理由 トランプの非常事態宣言など