産経、もうダメみたいね。(^-^)

リチャードコシミズさんからの情報です。


 

 

永遠のゼロ書いた奴や統一教会の朝鮮悪くらいしか読者がおらず、ほとんど実部数ゼロで90%が最初から押し紙の惨刑新聞。古紙製造業が本業。焼き芋包装紙製造業。w

広告収入もなし。夕刊を止めたが、焼け石にスポイト。トランプさんのおかげで統●教会が北朝鮮の覚せい剤で稼げなくなって、産経の運営資金を負担できなくなった。降伏の化学に泣きついたが、うまいこと金を引き出せない。金がないから、事業を継続できない。実質、父さん状態。w

よって、新規採用を停止。カ●ト枠?の二人だけ採用。涙目。断末魔の裏社会御用達新聞。

DeepState新聞の終末期、とっくりと見せてもらいます。ありがとー。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コメント無題by酢味噌

朝鮮悪メディアも、もうお終い。

産経の春採用、38人→2人に 大手紙で唯一「激減」の怪

https://www.j-cast.com/2019/02/23351051.html

例年は数十人規模で新卒採用を行っている全国紙の中で、産経新聞の2019年春入社に向けた内定者がわずか2人だとして、波紋を広げている。産経が18年春入社に向けて内定を出したのは38人で、わずか1年で激減させているのだ。

大手紙はここ10年で2~3割程度部数を落とす厳しい状況が続くが、ここまで採用を絞ったのは産経だけだ。一体何があったのか。

今回の事態が明らかになったのは、日本新聞協会の「新聞協会報」がきっかけだ。協会報では毎年新聞・通信各社の採用動向を特集しており、19年は2月19日付の紙面で掲載された。それによると、19年春の入社予定者は、朝日新聞が72人(うち女性25人)、毎日新聞が61人(同32人)、読売新聞が80人(同22人)、日本経済新聞が52人(同20人)、共同通信が55人(同26人)、時事通信が39人(同22人)といった具合で、男女ともに二ケタを確保している。そんな中で、産経に入社するのは記者1人、ビジネス職1人の2人。2人とも男性だ。

18年の新聞協会報の特集によると、産経が17年度(18年春入社)に内定を出したのは38人で、そのうち12人が女性だった。職種も多岐に及び、取材記者10人(うち女性4人)、サンケイスポーツ10人(同2人)、写真記者2人、夕刊フジ1人、販売3人(同1人)、営業・事業8人(同2人)、情報システム・技術3人(同3人)、総務1人といった具合だった。

産経新聞の17年度の売上高(単体ベース)は前期比2.6%減の736億500万円で、本業のもうけにあたる営業利益は同12.7%減の6300万円だった。日本ABC協会の調べによると、08年下期に213万288部あった産経新聞朝刊の部数は、18年下期には145万1451部に。10年で31.9%減らしている。ただ、朝日、毎日も10年で3割程度、読売・日経が2割程度部数を減らしており、産経だけが飛びぬけて部数を大きく減らしているわけではない。

(以下略)

J-CASTニュース 2019/2/23 11:00