「奨学金過払い返還請求」が新たな弁護士の商売になりますか?

リチャードコシミズさんからの情報です。


 

 

大学の奨学金を支払えなくなった「元学生」。

大学を中退すると、奨学金全額を一括返済しなければならない。

だが、本人も親も400万円を支払えず、保証人を引き受けた親族の叔母さんに400万円の請求が行く。取立て屋は、ヤクザ同然の脅しを仕掛けてくる。政府公認の恐喝犯。

おばさんは、仕方なく、とらのこの郵貯の定期を解約して400万円を即金で返済する。

だが、法的には、半額の200万円しか支払う責任はない。だが、取り立て屋は、その事実を知らせず、強引に400万円をもぎ取る。

はい、ここで、年収200万円の新司法試験制度の貧乏弁護士さんの登場です。「サラ金の過払い金返還」ビジネスはほぼ終わってしまった。弁護士は、サラ金の客を訴訟に引っ張り込んで、過払い金は取り返しはしたが、実際は弁護士費用に充当されて、客本人にメリットなし。逆ザヤもあるらしい。

さて、聞いたこともない名古屋の4流法科大学院から、カルト宗教枠・安倍晋三の口利きの裏口で弁護士になったチンピラに、新たな金儲けのチャンスです。連帯保証人の「過払い奨学金」を取り戻しましょう!訴訟が、これから盛んになるのでしょうか?楽しみです!

年収250万円を目指して、がんばれ、チンピラ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
詐欺罪で逮捕しろ。

byとくお

 

サギゾーに右へ倣えですかね。
また弁護士が儲かるのか。

奨学金「支払い義務は半額」 返還中の保証人には伝えず
https://www.asahi.com/sp/articles/ASM2861V3M28UUPI00J.html