(有料)政府機関閉鎖は解除されるもトランプが国境の壁建設のために非常事態を宣言する背景

天野統康さんのブログ「金融システムから見る経済社会論」より転載させていただきます。


 

天野統康の有料ブロマガ

「マネーと政治経済の原理からニュースを読む」

を更新しました。

 

15日に米国の政府機関を閉鎖していた今年度の予算案が
成立した。

これによりここ数カ月騒がせていた政府機関の閉鎖危機は秋までは収まることになった。
一方でトランプ大統領が求めていたメキシコ国境地帯の壁の
建設費は約1400億円しか承認されなかった。

そこでトランプ大統領がメキシコ国境地帯の壁を建設するための予算80億ドル(約9000億円)をねん出するために
非常事態宣言をだした。

トランプ大統領、メキシコとの国境地帯における非常事態宣言へ
https://jp.sputniknews.com/us/201902165928703/#comments

今回はトランプが1400億円の予算では納得せず、
9000億円の予算を確保するために非常事態宣言を
発令した理由を解説する。

 

 

続きはこちらから→<リンク>マネーと政治経済の原理からニュースを読む

 

 

 

 

クリックして拡散のための応援をお願いします

br_c_4523_1.gif

社会・政治問題ランキング  

 

===================================

※天野統康の有料ブロマガ

「マネーと政治経済の原理からニュースを読む」

では細切れのメディア情報に振り回されず、社会の仕組みの全体像からニュースを読み解き、

正しい社会認識や生活・ビジネスに役立つ情報を提供しています。

FP業(2003年~)、作家業(金融と政治経済の本を5冊出版)などの経験をもとに、

個人の独立した立場から企業やメディアの意向に左右されない
情報提供を行うために発信を行っています。

※ご登録は下記のページの右下にある「入会する」ボタンを
クリックして下さい。
http://ch.nicovideo.jp/amanomotoyasu