19/1/21 フルフォード情報英語版:戦争犯罪者の一斉検挙の続行で、ファシストの第四帝国が崩壊中

「シャンティ・フーラ」さんからの情報です


 

 今回は珍しく日本の話題から始まっています。といっても、日本の悪徳ぶりが世界に暴露されているだけですが。しかも最後で「負け犬」と一蹴されています。いやまあ実際そうなんで、反論材料が見当たりません。

 文中に出てくる「国際口座群」とは、キーナン氏の金塊史で出てくる東洋が西洋に預けた、というか詐欺や脅迫や強奪で預けさせられた「国際担保口座群」のことだと思います。「統治者」はレッド・ドラゴン大使第2回で言及されていた口座の主要受託人であるヨーロッパ王族だのロスチャだのといった連中じゃないでしょうか。

 つまり世界規模での金融リセットを進めるためには、まずは資金源となる口座群の正当な所有者であるアジア勢と、口座の中身をいじくれる署名権限を有する欧米勢に、一歩引いて頂くようお金を渡すところから始めないといけないみたいです。欧米勢はなんでやねん、と思いますが、「管理を委託されたのは自分たちだ!」としゃしゃり出て来られたら面倒臭いからかなーと想像しております。
 そんな利権を主張する暇があったら、早めに庶民の中に紛れ込んだ方がいいんでないかな……。これまでの犯罪が世界中にバレたら、ホームレスになるくらいじゃ済まないでしょうに。

 あと、「Tier One(第1階層)」という言い回しはNESARAとかGESARAで使われていた単語です。ジンバブエやイラクの紙幣を安価で購入していた人たちが、通貨リセットのイベントで階層の順に巨額の支払を開始される、という噂だったと思います。
 最近はぱったりと投稿しなくなった知識を持つ者さんが、どの階層はいつからどこへ行けば金をもらえる、と熱心に解説していた記憶があります。未だに期待している人たちがいるのに、意味が変わっちゃってますがな(笑)

(Yutika)
————————————————————————
戦争犯罪者の一斉検挙の続行で、ファシストの第四帝国が崩壊中
投稿者:フルフォード

日本で粛清開始

ジョージ・ブッシュ・シニア総統の排除によって、米国と日本の大量虐殺ファシストの新たな層が明るみになり、悪魔主義のハザール・マフィアに対する戦いが勢いを増す中で逮捕や突然死へ【と繋がろうとしている】。

日本では、ファシストの安倍晋三首相とその政権が戦犯法廷へと突き進んでいる。まず皮切りとして、フランス警察が日本オリンピック委員会の竹田恒和を贈賄で告発した。

これは彼の【複数の】法的問題のほんの序章に過ぎない。竹田は竹田恒徳の息子だ。日本にいる米軍の憲兵隊筋曰く、【竹田恒徳は】昭和天皇の従弟で、悪名高き731細菌戦部隊を立ち上げた責任者だったそうだ。

ツイートはシャンティ・フーラが挿入

また安倍政権は、獣医学部に偽装した生物兵器研究所を立ち上げようとしていたのも見つかっている、と同筋は言っていた。

加えて2020年東京オリンピックで予定していた費用も、暴力団や政治家への贈賄で3倍の300億ドル以上に膨れ上がった、と同筋は言う。

この金を洗浄する主な手口は、政府関係者が暴力団にどこでオリンピック【関連】施設が建設予定かを教え、彼らがその土地を買い占めてから、【値段を】大いに割り増しして政府に売りつけるというものだ、と日本の暴力団筋が言っている。こうして生み出された金は、腐敗した政治家と暴力団の間で分配される。

其の他の金はオリンピックの“安全【確保】”へ、ようは暴力団への“みかじめ料”を支払うために廻される、と同筋は言う。

これは、福島の“除染”とか称するもので奴らが着服した資金を置き換えるためなのだ。ガイガーカウンター持参で福島に実際に行った記者であれば、あそこには放射線がほんの僅かしかないことを認めざるを得なくなる。“除染”に割り当てられた金は大型ごみ箱に放り込まれ、東京に送り戻され贈賄【資金】となる、と同筋は言う。安倍とそのグループは、刑務所か地獄に早急に行くべきだ。

» 記事の続きを読む / » Continue Reading More