またホンデュラスから不法移民キャラバンがアメリカへ・・・そしてさらなる感染病の拡大

日本や世界や宇宙の動向さんからの情報です。

 


 

アメリカに流入しようとする不法移民が後を絶ちません。多分彼らは左翼のグローバリストに先導されてアメリカに行こうとしているのでしょう。ただし、実際には不法移民の子どもたちが人身売買の被害にあっているようですし。。。彼らはグローバリストに都合の良いように利用されているだけです。グローバリストは彼らをアメリカに流入させればアメリカ国内をめちゃくちゃにすることができます。同時に、彼らを性的目的や臓器売買目的で拉致し人身売買したり生贄に使うことができますから一石二鳥です。同時に彼らはやっかいな感染病をアメリカ国内に持ち込んでくれますから米国民の人口削減にも貢献しているというわけです。
日本にとってこれは対岸の火事ではないはずです。彼らの行き場がなくなったら日本に流入するかもしれません。既に南米からは多くの労働者や移民が日本に来ています。
欧米のように日本にも途上国から大量の移民が流入すると犯罪の急増、治安悪化、社会混乱だけでなく様々な感染病が拡大するでしょうね。その結果、ワクチンの強要でしょうか・・・

https://www.investmentwatchblog.com/new-migrant-caravan-leaves-honduras-us-extends-troop-deployment-at-mexican-border/
(概要)
1月16日付け

 

DHS国土安全保障省の要請により、国境の任務に就いている米軍部隊の増強と期間の延長が決定しました。
現在、2350人の兵士が国境に配備されていますが、彼らは1月31日に任務を終了することになっていました。しかし、ホンデュラスから不法移民キャラバンが再びテキサス州に流入するために国境に向かっていることが確認されたのです。
彼らに対しホンデュラス政府は「これは何らかの罠であり非常に危険だからアメリカに行くな。アメリカに不法入国した者たちは拉致されたり殺害されたりしている。」と警告しています。しかし彼らは政府の警告を無視してアメリカに向かっています。
そのため米軍部隊の国境任務が9月30日まで延長されました。現在、国境部隊は国境にレーザーワイアーを
設置し国境を守っています。 

<不法移民(特に子供たち)の間で感染病が急増中>
https://www.naturalnews.com/2019-01-16-illegal-migrants-bringing-a-wave-of-infectious-disease.html
(概要)
1月16日付け

Image: Illegal migrants bringing a wave of infectious DISEASE into the United States while Democrats cheer and demand mass vaccinations of Americans

(Natural News)
メキシコとの国境に駐留している米政府職員によれば、アメリカに流入している不法移民の間でインフルエンザや結核などの感染病が急増中です。そのため1日に50人の不法移民が救急医療を受けるために病院に搬送されています。
彼らの殆どが5歳未満の幼児であり、これまでにないほど急速に感染が広がっています。

昨年12月に2人の不法移民の子どもたちが搬送先の病院で死亡しました。毎日、数十人の病気持ちの子供たちが国境に到着し国境巡視隊に保護されています。子供たちは母国を発つ前から肺炎、結核、寄生虫血症などの感染病を患っていました。

ワシントン・タイムズ紙によれば、親たちは病気持ちの子供たちを口実に強制送還を免れようとしています。

懸念されることは、不法移民の感染病の急増だけではありません。左翼グローバリスト(米民主党も)は、中米から不法移民(特に病気持ちの大人や子供たち)らを1週間でアメリカに流入させるために、彼らをバスに乗せて国境まで運んでいます。

オバマ政権下で指名された判事が2015年に下した判決(政府が不法移民の子どもたちを親たちから強制的に引き離したり開放したりする)に従い彼らを親たちから引き離して収容しています。
2014年に親の付き添いがない子供たちの間で水疱瘡などの感染病が拡大しました。 
現在もアメリカに流入している不法移民の間では様々な感染病が急増しています。
昨年12月22日には450人の不法移民がインフルエンザ、寄生虫血症、血液感染、膿瘍、結核、肺炎などの感染病を患っていました。

不法移民が患っている感染病は民主党によってアメリカ国内に持ち込まれました。
カリフォルニア州などのリベラル政治家らは不法移民を救護施設に収容させるだけでなく無料で治療を受けさせたり給付金を与えています。
そのため、無料の治療を受けたり給付金をもらうために大量の不法移民がホンデュラス、グアテマラ、エルサルバドルなどから何としてもアメリカ(カリフォルニア州)に流入しようとしています。そのうちの100人が暴力的に国境を超えようとしたためメキシコから強制送還されています。
また国境に押し寄せた何百人もの不法移民が国境警備隊を襲撃しています。彼等はアメリカに流入した後に欲しいモノが手に入らない場合はこれほど暴力的にアメリカを侵略しようとはしないでしょう。
しかしリベラル派の都市では不法移民の救護に力を入れているためそれを目当てに大量の不法移民が流入してしまいます。
不法移民らが子供たちを連れて来る目的は治療が必要な子供たちがいれば強制送還はされないだろうと見込んでのことです。

感染病を患っている不法移民を大量に受け入れているリベラル派の政治家らは、同時に米国民のワクチン接種率が低いとしつこく文句を言いワクチン未接種の子供たちは公衆衛生の敵とみなし彼等にワクチンの接種を強要しています。
しかしリベラル派は感染病予防や公衆衛生に関心を寄せているのではなく、アメリカ国内に感染病を拡大させることで大手製薬会社を喜ばせようとしているだけなのです。それが彼等の本当の目的です。