収拾がつかなくなる、NGT48のトラブル! 今村悦朗支配人は退任へ ~NGT運営サイドや文春が優先して隠蔽するバーニングの影

「シャンティ・フーラ」さんからの情報です


 

竹下雅敏氏からの情報です。
 NGT48のトラブルは、事故後の運営側の対応のまずさから、収拾がつかなくなり、ついに今村悦朗支配人を退任させることになったようです。メディアでは、事件の真相に迫る報道は全く見られませんが、ネット上では、かなり真相が突き止められてきました。
 冒頭のツイート相関図を拡大してご覧になると、事件の全容がおぼろげにわかってきます。この事件の中心人物と見られるのは、図の赤い帯の中にいる人物で、特に「いなぷぅ」こと稲岡龍之介氏に注目が集まっています。
 NGTサイドは「メンバーの関与は絶対にない」と言っていますが、事件の被害者である山口真帆さんは、ツイッターで「男が向かいの部屋から出てきました。その部屋は違うメンバーが住んでいた部屋でした」と言っています。
 この発言を裏付ける書き込みがあったようです。リアルメンバーという人物によれば、「山口の向いというか斜め前の部屋は太野の部屋 そこに当日捕まった3人とメンバー2人がいたんです。そのもう一人のメンバーは西潟です」とのこと。
 “続きはこちらから”をご覧ください。驚いたことに、山口真帆さんの謝罪公演の際、今回の事件に関わっていると考えられる稲岡龍之介氏が、“最前列に座って奇声を上げていた”というのです。ツイートによると、「舞台上で山口真帆はガタガタ震えてたみたい」と書かれています。
 文春は、完全にNGT運営サイドに立っていて、かく乱情報を流すことで事件を隠蔽しようとしています。最後のツイートをご覧になると、運営サイドが、他の実行犯よりもこの稲岡龍之介氏を“優先して隠蔽している”と書かれています。氏は、バーニングの周防郁雄氏の甥っ子だという情報もあるようです。これが事実なら、運営側が彼を特別扱いするのも頷けます。
(竹下雅敏)
————————————————————————
NGT48トラブル 新支配人「事態の収拾に努める」(19/01/14)
配信元)
————————————————————————
配信元)

 

 

» 記事の続きを読む / » Continue Reading More