ケニア 中国融資の返済額が膨らんで最大の港が取られることに危機感

日本や世界や宇宙の動向さんからの情報です。

 


 

中国共産党が途上国に巨額の投資をしてきたのは、返済ができないであろう途上国の軍港や主要インフラを乗っ取るためです。腐敗した途上国の(お金に目がない)無能な政治家を賄賂で丸め込み巨額の投資を行ってきました。
東南アジア~パキスタン~中東~中央アジア~アフリカまで、中国は重要な港やインフラなどの運営権を奪うつもりです。これから借金の返済ができない国が次々に現れるでしょうね。

http://hannichigukoku.info/blog-entry-22351.html

【北京時事】2日からアフリカ4カ国を歴訪していた中国の王毅国務委員兼外相は6日、全ての日程を終える。
中国はアフリカに対する経済支援を通じて影響力を強めてきた。しかし、巨額の対中債務を抱える国の
一つであるケニアでは「中国に最大の港が奪われる」という危機感が高まっている。

 王外相はエチオピア、ブルキナファソ、ガンビア、セネガルを訪問した。中国の歴代指導部は
アフリカを重視しており、中国外相による年初のアフリカ訪問は29年連続。昨年9月、習近平国家主席は
北京にアフリカ53カ国の首脳らを招き、3年間で600億ドル(約6兆5000億円)の支援を約束した。

 だが、東アフリカのケニアでは、過剰な借り入れによってもたらされる「債務のわな」への警戒が
広がっている。ケニアは中国の援助で首都ナイロビとモンバサを結ぶ鉄道を建設した。これに関連し、
ケニアのネットメディアは昨年12月、債務返済ができなくなった場合に同国最大の港、
モンバサ港の使用権を事実上、中国に譲渡することを記した文書が存在すると報じた。

 この報道に対し、ケニヤッタ大統領は「(反大統領派の)プロパガンダだ」と全面否定。中国外務省の
華春瑩・副報道局長も「モンバサ港が融資の担保になったという事実はない」と述べた。

 だが、ケニアの世論は両国政府の説明に納得していない。建設をめぐる契約の詳細は不明で、
採算性が疑問視されてきたからだ。

 ケニア有力紙デーリー・ネーション(電子版)によると、中国は鉄道建設に約3200億シリング
(約3400億円)を融資した。この返済は今年7月から始まる。このため、中国への債務返済額は
前年度の2.3倍に当たる約830億シリング(約880億円)に急増し、対外債務返済総額の3分の1を
占めることになる見通しだ。(2019/01/05-18:52)
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019010500333&g=int