最終ゴールは沖縄の米軍の全面撤退です。

リチャードコシミズさんからの情報です。


 

 

田中宇氏の描くトランプ像byoverQ
01月03日 

「世界から米軍を撤退するトランプ
 【2018年12月28日】 トランプは、シリアでの米イラン戦争を標榜して軍産をビビらせて弱体化し、中間選挙で共和党を握って政治力を強めた後、シリアとアフガンからの撤退、マティスの首切りをやって、軍産の戦略を破壊した。この手法は北朝鮮問題の時と同じだ。マティスは政権中枢に残った最後の軍産だった。「戦争をやめたくない」軍産は政権から一掃され、残っているのは「戦争を拡大するふりをしてやめていく」要員だ。トランプは来年、さらに反軍産的な独自の軍事外交戦略を打ち出すと予想される。」
田中宇の国際ニュース解説
https://tanakanews.com/

 

「戦争を拡大するふりをしてやめていく」・・・・・・・まさにトランプ氏の真骨頂ではないですか。
シリア、アフガン、イラクから米軍が撤退していく。その次は、在韓米軍。最後に在日米軍。辺野古も嘉手納も返還されて、沖縄経済大開発の拠点となる。

ハザール戦争屋さんたちは、完全失業。

 

新年早々明るい展望です!