2007年と現在の銀行指標がシンクロ中

日本や世界や宇宙の動向さんからの情報です。

 


 

こちらは過去25年間の銀行指標の動きです。
今の動きは2007年~2008年の動きによく似ています。
来年はいよいよ金融危機が到来するのでしょうか。
アメリカの経済が崩壊すると日本も大きな打撃を受けることになります。
しかも来年も災害が頻発すると経済はかなり悪化するかもしれません。

https://www.investmentwatchblog.com/banks-acting-like-they-did-in-2007-banking-problem-part-ii-underway/
(概要)
12月19日付け

銀行が2007年と同じような状態です。銀行の第二の危機が進行中です。

今後、米経済は弱体化すると言うメッセージを銀行部門は送っているのでしょうか。

↑こちらの表は過去25年間の銀行指標の推移を示しています。
2007年時点で過去11年間の上り傾向の後、1年間の移動平均があり、その後、暴落しました。その結果、金融危機が起きたました。その時、約2年間で指標が80%以上も暴落しました。

この2~3年の間に指標は2007年の最高水準を取り戻し、今年すでにダブルトップとなりました。
そしてつい最近、9年間の上り傾向が終り1年間の移動平均が起きています。
銀行指標が良ければ市場は活発になると言われてますが、この表を見とそれが理解できます。

今後の銀行指標の動向を注視しましょう。つい最近も最高水準に達しましたが、過去において、その直後に活発な市況がどうなったのかを忘れないでください。