18/12/17 フルフォード情報英語版:世界金融の裏トップ、ペル枢機卿がクビにされ、大いなる変革が近付いている

「シャンティ・フーラ」さんからの情報です


 

 13家系が支配する300人委員会のトップが、エリザベス女王から代替わりするとの話題です。ただ、本人たちが被害者づらして、「悪い奴には我々もホント困ってまちゅの~、これからは皆で平和に暮らしましょうね~」とかほざいているので、「ちょっと何言ってるか分かんない」状態。とりあえず、まずは100年くらいグアンタナモで頭冷やしてから一昨日来い。
 今回偉そうに出してきた声明、どーでもいい専門用語で煙に巻く部分が多くて超イライラします。平易な言葉で語れないということ自体、彼らには支配する能力が欠如している証左かと。マケイン(=処刑)されちゃっても、惜しむような知性ではないことを自ら露呈してくださって助かりますわ。
(Yutika)
————————————————————————
世界金融の裏トップ、ペル枢機卿がクビにされ、大いなる変革が近付いている
投稿者:フルフォード

裏の金融世界に激震

先週、ジョージ・ペル枢機卿は児童に対する性的虐待を巡って、オーストラリアの法廷で有罪とされた。次いで、フランシスコ法王がペルは“年輩”だとの理由でクビにするに至った。
https://www.americamagazine.org/faith/2018/12/12/cardinal-pell-top-advisor-pope-francis-found-guilty-historical-sexual-offenses

ツイートはシャンティ・フーラが挿入

これは裏の金融世界においては大変なニュースである。なにせペルはバチカンで金融問題を任されていた人物なのであり、それ即ち、世界の大半の首脳陣を密かに操っていたことになるのだから、とP2フリーメイソンやCIA筋は言う。

というのも、世界の大半の首脳陣が権力の座に就いた際には、バチカン銀行の行員がやってきて、驚異的な金額を記した通帳を手渡すのだ(大国であれば10億ドルかそれ以上、小国の場合はそれ以下)。そして彼らはこう告げられる、「金持ちの世界へようこそ」と。もしこの金を拒絶しようものなら貴方を“排除”することにはなるが、とお優しくも諭してくださるという訣だ。

これがカエサル家の子孫によって動かされているバチカンP2フリーメイソン・ロッジに、世界の大半の政府を密かに支配することを可能とさせた、【賄賂の】銀か【拳銃の】鉛かという選択肢である。

先週、詐欺的な「【二酸化】炭素が地球温暖化の原因」という合意を確認したリーダー200人は、全員この【秘密の支配】体制の奴隷だ、とP2フリーメイソンやCIA筋は口を揃えていた。
https://www.vox.com/energy-and-environment/2018/12/14/18139402/cop24-climate-change-katowice-poland

ツイートはシャンティ・フーラが挿入

ということで、秘密の支配体制のトップが排除されたということは、その代わりに誰を選出するのか、そして【そもそも】この秘密の体制【自体】の継続を許すのかどうかを巡り、世界の金融と政治にとって凄まじい波及効果を及ぼすのである。

» 記事の続きを読む / » Continue Reading More