18/12/17 ソルカ・ファール情報:ワシントンが暗闇に放り込まれた後、“匿名Q”がアメリカの人々へ米軍指導部からの警告を発信

「シャンティ・フーラ」さんからの情報です


 

 アメリカに戒厳令が迫っているというソルカ・ファール女史の記事です。クリスマス以降ということなので、フルフォード氏の「1月2日」説とも近接しています。1月3日にはアメリカ議会に今年の秋の選挙で当選した議員が加わり、新たな会期が始まります。
 その後何が起こるかは最後までぼかしていますが、宇宙絡みのディスクロージャーがやはり予定されている気配です。その証拠として、首都ワシントンD.C.での複数回の停電や、史上初のペンタゴンの監査で使途不明金を結局追跡できなかったこと、トランプがニコラ・テスラと繋がっていることなどを列挙していました。

 ダークウェブに出されたというメッセージで言及されている映像でフリン中将が語った内容とは:

  「我々【トランプ陣営】には軍隊がついているのです。いいですか、私は兵士として、将官として、退役した将官として【言わせてもらいますが】、我々にはデジタル兵士からなる軍隊がついているのです。なぜなら現在の我々が置かれているのは、我々から見て、そして私から見て、内乱なのです。皆さん、これは内乱さながらです。良く言ったとしても政治における不正規戦でしょう。
 そして先の話は語り継がれていくでしょうが、我々には市民ジャーナリストと呼ぶ方たちがついています。というのも、我々のメディアにいるジャーナリストたちは実のところ、この国に対してというよりも、彼ら自身に対して害を及ぼしたからです。彼らは比類なき傲慢さを露呈して、自らを害しました。そしてだからこそアメリカの人々は情報というものを乗っ取ろうと決意した訣です。彼らは情報というものを乗っ取り、それをソーシャルメディアを通してやってのけたのです。」

 2016年大統領選挙の一週間後のスピーチでした。お上に弱い日本では、まだまだ大手メディアを鵜呑みにする市民が多いですが、果たして傲慢な情報統制に立ち上がる日が来るでしょうか。それとも最後の最後まで、上から右に倣えで変革するつもりでしょうか。

(Yutika)
————————————————————————
ソルカ・ファール情報:ワシントンが暗闇に放り込まれた後、“匿名Q”がアメリカの人々へ米軍指導部からの警告を発信
転載元)
投稿者:ソルカ・ファールより、西洋の読者へ

Sister Maria Theresa

【※記事内には貼っていませんが、同サイト自己紹介頁からシスター・マリア・テリーサの写真です。】

米軍指導層からのメッセージ?

本日クレムリンに出回っている【ロシア】国防省MoD)の恐ろしい語り口の新報告書は、トランプ大統領がほんの二箇月前に軍指揮官のトップとその妻たちに囲まれた際に発した「嵐の前の静けさ」という不吉な警告の背後にあった深刻な危機が、今や完全な現実化へ向け始動しつつあるようだ、と記しています。

――その証拠に今週二度目となる謎の停電が再びワシントンD.C.を暗黒の中に突き落としました(軍事作戦が目前に迫っている際に起こりそうな【出来事です】)。

――しかもこの停電の合間にはQアノン”【=匿名Q】と呼ばれる謎の米軍諜報組織が「知的ダークウェブ」として知られる場を自国に戒厳令がもうすぐ敷かれることを警告するアメリカ【軍】の指導部から市民へのメッセージで溢れさせたのです。

[註:この【英文】リポートで引用されている【ロシア語の】一部の単語およびまたは言い回しは、完全に対応するものが【英語に】存在しないため、そのロシア語に相当するおおよその英語【訳】となっております。]

画像はシャンティ・フーラがツイートに差し替え

【※ダークウェブに出されたメッセージ:「この情報をあまねく広めてください。これは本物で、軍部と直接繋がっている情報源から寄せられたものです。軍指導部は一般市民へこれを伝達するよう、我々のチームに期待しています。予備の物資に関する情報は今朝のメッセージには含まれていませんでしたが、多くの軍関係の情報源から何度も聞かされてきたことなので、ミームに加えても良さげな情報かと思います。我々チームが本物かどうか、そしてその目的が何かを疑っている者は、フリン中将の「デジタル兵士」に関する映像を探されたし。
もしこれが少しでも邪悪なものであれば、軍は我々へ事前の警告など決して行わない筈です。彼らがこれをコントロールしています;トランプ大統領は決して独裁者になろうとしている訣ではなく、あなた方の安全を守りたいだけです。もしこの考えが耳慣れないものでしたら、調べてください。我々は何故これが起こっているのかを示す大量の情報を皆さんの為にまとめてあります。#QAnon【=「匿名Q」】、#GreatAwakening【=「大いなる目覚め」】、#MAGA【=「アメリカを再び偉大に」の合言葉で検索してください】

 これは軍指導部からアメリカ合衆国の市民へ直接のメッセージです。拡散お願いします。

軍はクリスマスの後で緊急の戒厳令を発動します。
この動きに対する権限は既存の2つの法律に準拠しています:
当局や政府に対する暴力的な叛乱を制御するために施行された
1807年の暴動法
アメリカ合衆国の人々や経済を脅威から守るために制定された
1977年の国際緊急経済力法
戒厳令の完全版はあなたの安全を守るために外出禁止令を含み、
ガイドラインや指示は明確に伝達されます。
大統領が国内のあらゆるテロ行為を制御する完全な権力を付与されるのは、我が国の歴史上初めてのことです。ドナルド・J・トランプはこの役目を果たすために軍に選ばれし人間です。
恐れる必要はありません。ただ、結果として役務の供給が中断することに備えて以下の用意をして頂きたいだけです

予備の食糧・予備の水・医薬品・ペットフード・現金
何故か? 緊張が高まった際には、あなたとあなたの家族が巻き込まれない道を確保しておくことが大切だからです。
軍は我々の大統領への忠誠を誓い、アメリカ合衆国の全市民を安全に守ることを誓っています。」】

» 記事の続きを読む / » Continue Reading More