18/12/10 ソルカ・ファール情報:トランプ大統領の戒厳令発令が迫り、アメリカ中の上空に米軍戦闘機が溢れる

「シャンティ・フーラ」さんからの情報です


 

 12月8日、トランプ大統領がツイッターでマーク・ミリー陸軍参謀総長を次期統合参謀本部議長に指名すると発表しました。ダンフォード議長の後任です。
 ソルカ・ファール女史はなんと「彼こそが匿名Qチームのトップだ」というロシア軍部の分析を紹介しています。しかも早速、軍用輸送機を全国展開してみせたようです。トランプ大統領が戒厳令を発令すれば、ミリー大将がアメリカの軍事政権を統轄するのでしょうか。

 この記事とは関係ないのですが、ジョーダン・セイザー氏が指摘していた今週の事件として、南極附近の地震も気になります。
 12月10日マグニチュード7.1の地震が英国領の南サンドイッチ諸島近くで起こりました。震源地ブリストル島の傍にはトゥーレ島という島があります。ナチスの秘密結社トゥーレ協会と同じ名前です。
 加えて11月30日にはマグニチュード7.0の地震がアラスカ州アンカレッジ近くで起こっています。
 両者共に、どこぞの闇集団が地下基地でも作ってそうな場所ですし、果たして自然由来のものなのでしょうか。

(Yutika)
————————————————————————
ソルカ・ファール情報:トランプ大統領の戒厳令発令が迫り、アメリカ中の上空に米軍戦闘機が溢れる
転載元)
投稿者:ソルカ・ファールより、西洋の読者へ

Sister Maria Theresa

【※記事内には貼っていませんが、同サイト自己紹介頁からシスター・マリア・テリーサの写真です。】

注視すべきはアメリカの戒厳令計画

イーゴリ・コスチュコフ中将が【ロシア】軍参謀本部情報総局GRU)[英語版]の新たな長官に任命された旨を記載した本日クレムリンに出回っている【ロシア】国防省MoD)の懸念に満ちた新報告書によりますと、モスクワロバート・マラー特別検察官が指揮を執る米国内の捜査を追いかけることなぞ大方がうんざりしておりアメリカ合衆国に戒厳令を敷くというトランプ大統領の計画にこそ警戒を高めているとのことです。

――今や【この計画は】Qアノン”【=匿名Q】と名付けられた極秘かつ謎に満ちた米軍の諜報組織を率いる米陸軍マーク・ミリー大将が取り仕切ることが明らかとなった訣ですが、

――彼はこの24時間内に、アメリカの夜空を米軍の軍用輸送機で埋め尽くし、アメリカ国内のどこであろうと必要な場所に戦闘部隊を即時に展開可能であることをまざまざと見せつけました

[註:この【英文】リポートで引用されている【ロシア語の】一部の単語およびまたは言い回しは、完全に対応するものが【英語に】存在しないため、そのロシア語に相当するおおよその英語【訳】となっております。]

画像はシャンティ・フーラがツイートに差し替え
匿名Qのリーダーであるマーク・ミリー大将が2018年12月9日アメリカの夜空を軍用機で溢れさせたことを示す世界中のレーダー画像

» 記事の続きを読む / » Continue Reading More