世界人権宣言から70周年 普遍的人権を掲げながらマネー支配に誘導される仕組みの全体像

天野統康さんのブログ「金融システムから見る経済社会論」より転載させていただきます。


 

1948年12月10日に世界人権宣言が国連で発せられてから70年がたった。

 

アムネスティーのように人権に関わっている団体では、世界人権宣言70周年を記念して様々な催し物が行われている。

 

世界人権宣言とは、「人は生まれながらに自由で平等である」という自然権※の権利を、全世界に向けて守るべき普遍的価値として発したものである。

つまり「人類の道徳法則」として世界に宣言したのだ。

※自然権の説明はこちら

しぜん‐けん【自然権】

人が生まれながらにして持っているとされる権利。自己保存の権利、自由の権利、平等の権利など、国家権力をもってしても奪うことのできないもの。ロックを中心とする近世の自然法思想の所産で、フランスの人権宣言、日本の明治期の天賦人権思想などに表れている。天賦人権。

 

 

世界人権宣言で発せられている自由、平等、友愛の権利は、フランス国家のスローガンであるし、日本国憲法と欧州連合憲章の基本理念でもある。

 

以下のページに世界人権宣言の内容が30条にわたってわかりやすく解説されているので興味がある方はご覧ください。

<リンク>アムネスティー わかりやすい世界人権宣言

 

世界人権宣言は誰もが納得できる人間の権利が書かれている。

 

しかしこの普遍的な人権宣言をしてから70年たつが未だに人権の本場であるはずのフランスやアメリカでは社会的な混乱が続いている。

https://ch.nicovideo.jp/amanomotoyasu/blomaga/ar1709318

 

確かに、様々な人権は拡大している。

70年前に比べれば性、人種、子供、出自などで差別されることは無くなってきた。

しかし70年前に比べて酷くなっているのは富の格差である。

 

現在の最も重要な人権問題は富の格差問題であり、持つ者と持たざる者の差が極端になっていることだ。

 

資産格差がどれほど大きくなっているのかというと、2017年の段階で上位8人と、下から36億人の資産額が同じになっている。

 

これほど格差が拡大した世界は過去存在しなかっただろう。

 

以下の図解に表されている問題が現実のものになっているのだ。

 

 

 

人権と民主主義を掲げながら、なぜかマネーの管理者に支配される社会に向かっていく。

 

この問題の根本は民間によって管理される通貨発行権と民主政治にある。

今までの民主政治が中央銀行の管理をできてこなかったために起きた超格差社会だ。

例えば、日米欧英の中央銀行はリーマンショック以降、1200兆円もの資金を金融市場に供給してきた。

そのために金融は肥大化し、金融資産をもつ者と持たないものの富の格差は過去最高レベルのものになっている。

 

民主政治の下でこのような富の格差社会が作られたのは、この普遍的な人権と民主主義の原理が国際銀行マフィアの秘密結社によって巧みに人々から無意識化されてきたからである。

 

世界人権宣言の理念は「人間の道徳法則」の要素を満たしている。だからこそ人類は民主主義と人権の理念を徐々にではあるが受けれいてきた。

 

それならば普遍的人権と民主主義を否定するのではなく、その原理を意識し活用できるようにすることが健全な解決策となる。

 

この仕組みと解決方法を知りたい方は以下の記事をご覧ください。

【政治版 図解のまとめ】フリーメーソン最上層部・ユダヤ系国際銀行権力に操作される民主政治の図解

 

 

(記事終了)

 

 

クリックして拡散のための応援をお願いします


br_c_4523_1.gif
社会・政治問題ランキング  

 

 

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

 

■フリーメーソン最上層部ユダヤ系国際銀行権力に操作される日米欧の自由民主制(資本主義経済と民主政治)のモデル

 

 

・上記の組織の全体像の詳しい図解の説明はこちら

<リンク>【組織版 図解のまとめ】フリーメーソン最上層部・ユダヤ系国際銀行権力の組織の全体像の図解

 

 

 

 

■操作される資本主義経済のモデル

 

 

 

 

・英語版

 

 

 

・上記の資本主義経済システムの説明動画はこちら 第1部~5部まで作成

 

 

【音声版】2部 https://youtu.be/aPjq9tvq7w8
【音声版】3部 https://youtu.be/-liFClcMMq4

【音声版】4部 https://youtu.be/CVkkRfgu6fQ
【音声版】5部 https://youtu.be/s9ucw9ZiTpI

 

<リンク>会報第1号が完成 世界一わかりやすく景気変動の原因を図解  真の民主社会を創る会

 

<リンク>【会報2号と動画】「国際銀行家に管理される通貨システムの全体像」を解説した会報と動画

 

<リンク>【会報3号と動画解説】「民間銀行がお金を無から作り、消滅させる信用創造の仕組み」をビジュアル解説

 

 

■操作される議会制民主政治のモデル

 

 

 

・現在の自由民主制の欠陥を克服し、民主主義の完成を目指す理想の社会モデル(下の図)

 

 

 

 

・上記の操作される議会制民主政治の詳しい図解の説明はこちら

<リンク>フリーメーソン最上層部・ユダヤ系国際銀行権力に操作される民主主義・政治の図解のまとめ

 

 

 

■日米欧の自由民主制の隠されてきた仕組みについての詳しい解説は

こちらの本をお読みください。

 

 

 


<リンク>頂いた書評の一覧 『世界を騙し続けた[詐欺]経済学原論』 『洗脳政治学原論』
 

<リンク>天野統康の本 amazon

 

■動画での解説

 

<リンク>世界を騙し続けた「詐欺」経済学と「洗脳」政治学

 

<リンク>天野統康氏「世界を騙し続けた【詐欺 経済学】【洗脳 政治学】を越えて」出版記念講演ワールドフォーラム2016年5月

 

 

 

 

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

■真の民主社会を創る会

 

 

真の民主社会を創る会では、現代の自由民主主義体制の

社会的矛盾の根本である政府と通貨発行権の分離と

軍事支配を無くす社会を目指しています。

 

<リンク>真の民主社会を創る会HP

 

 

 

 

■寄付・支援のお願い

当ブログでは真の民主社会を創るために必要な

情報発信や研究などの活動を行っています。

独立して活動をするには、時間や労力、お金がかかります。

是非、皆様のご支援をお願いいたします。

・みずほ銀行

・立川支店

・預金種目:普通

・口座番号:2478209

・口座名:アマノ モトヤス

※入金されたお金のご返金は原則としてできません