マクロンのデモ沈静化手口、一切通用せず。(´ε` )

リチャードコシミズさんからの情報です。


 

 

マクロン元ロスチャイルド銀行副社長が、フランス国民騙しの懐柔策を仕方なく発表したが、焼け石にスポイト。市民らの抗議は、マクロンが辞めて、ルペンが戴冠するまで止まない。

デモにテロリストを紛れ込ませて、商店を襲撃させ、それを口実にデモを弾圧する?困ったことに、デモ参加者をいくら拘束しても、デモが収束しないのである。国民の怒りが「半端ない」のである。テロリスト闖入作戦も、火に油を注ぐだけ。DeepStateの汚い妨害手口が通用しない、自然発生的な国民運動。

安倍ちゃん、マクロンの次はあんただよ。チャウシェスク安倍ちゃん!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

by酢味噌

 

予想通り!!

仏デモ、沈静化見えず=評価分かれる大統領の譲歩

https://www.jiji.com/sp/article?k=2018121100501&g=int

 【パリ時事】フランスのマクロン大統領がデモの激化を受けて最低賃金引き上げを発表したことに対し、所得格差の是正を求める市民らの評価は二分している。15日も全土で抗議運動が予定されており、要求が多岐にわたるデモが沈静化する見通しは立っていない。

 マクロン氏は10日のテレビ演説で、社会保障増税の一部中止や減税なども発表した。しかし市民の不満が最も大きい富裕税の廃止は撤回されなかった。8日の大規模デモでは264人が負傷、約2000人が拘束された。

 デモに参加する男性は仏メディアに「(マクロン氏の対応は)不十分だ。金持ち優遇は変わっていない」と批判。一方、抗議運動の広報担当の女性はAFP通信に「マクロン氏は前進した。同じ所をいつまでもぐるぐると回っていられない。危機から抜け出さなければならない」と一定の評価を下し、政府との「停戦」を主張した。

 インターネット交流サイト(SNS)では、抗議デモの継続と中止を呼び掛ける両方の投稿が出回った。

時事通信 2018年12月11日14時37分

>一方、抗議運動の広報担当の女性はAFP通信に「マクロン氏は前進した。同じ所をいつまでもぐるぐると回っていられない。危機から抜け出さなければならない」と一定の評価を下し、政府との「停戦」を主張した。

そして、これまた日本でもお馴染みの「懐柔工作」も、このようにやってるわけですね。

広報担当の女性さん、もしかして銀行通帳の預金残高の数字が1桁増えたりしましたか?(苦笑)