移民人口の多い州とは・・・

日本や世界や宇宙の動向さんからの情報です。

 


 

以下の記事では、「アメリカの移民人口率」と訳しましたが、外国で生まれた在米外国人の人口率ということです。ですから既に他界している先祖が移民の場合は含まれません。
やはり、ニューヨーク、カリフォルニア、テキサス、フロリダが多いですね。現在ではアメリカ全体の移民の人口率は14%以上だそうです。オバマ政権下でかなり増えたのでしょうね。
共産主義左翼(リベラル)の勢いが増すと移民が急増します。
日本も同じ道を辿りそう。。。。

https://beforeitsnews.com/v3/alternative/2018/3651373.html
(概要)
12月9日付け

                    (2010年時点 各州の移民人口率)

ピンク・・・5%未満
薄茶・・・5%~9.9%
オレンジ・・・10%~14.9%
茶色・・・15%以上
(2010年時点 アメリカ全体の移民人口率12.9%)

2018年のアメリカの移民人口率は14%以上になりつつあります。
過去に移民がこのように急増したときは移民の受け入れを40年間止め、移民を社会に同化させました。しかし現在はどのような対策が実行されるのかは定かではありません。
当時、移民の大量流入が1920年にストップしましたが、移民を大量に受け入れたのは進歩主義というイデオロギーがアメリカを支配したからです。

1965年から現在までの移民の流入は進歩主義イデオロギーが現憲法のイデオロギーを消し去った結果によるものです。からです。

トランプ大統領は政府の無制限な移民受け入れを必死で止めさせようとしていますが、移民の厳しい制限と憲法を厳守しなければ成功はしないでしょう。