アメリカ各地の空が紫色に!

日本や世界や宇宙の動向さんからの情報です。

 


 

中国の地と空の汚染が深刻化しているのは以前から問題視されてきましたが、中国政府は中国だけではなく、世界の空を汚染し天候を操作し続けています。同時にアメリカのエスタブリッシュメントも世界の空を汚染し天候を操作しています。
中国や日本の大気を汚染しているのはPM2.5や黄砂だけではないのです。気象兵器により大気や天候をめちゃくちゃにしています。アメリカと中国のエスタブリッシュメントは互いに競い合いながら大気を汚染し天候を操っています。
これがエスカレートすると地球上には誰も生きていけないくらい汚染が深刻化します。
そして今ではアメリカの空が死んでしまった状態になっています。雲も空の色も自然ではありません。全てが人工的に作られていると言っても過言ではないのです。
アメリカ各地の空が紫色に変色してしまいました。ケムトレイルで大量の有害物質が撒かれたりイオン化などが原因だそうです。アメリカの大気汚染も非常に深刻です。
日本も気象兵器で天候が操られたりケムトレイルが撒かれたりしていますが、アメリカほどではないので空が紫に変色するまでには至っていません。中国とアメリカの支配層は世界の大気や自然環境を破壊し人間や動物が地球上で生きていけないようにしています・・・これで世界の人口を90%削減できます。

(汚染大国中国の現状)
https://matome.naver.jp/odai/2134738995708639801

赤・紫:中国河南省・澗河(河南省)と湘江(湖南省

原因は、工場の染料による汚染

乳白色:中国・浙江省温州市にある川

重慶市で長江の水が明るい赤色に 土砂の影響か

真っ黒に汚染された水が排水口を通じて長江に絶えず流れ込んでいる

湖北省孝感市雲夢県を流れる府河の水面はこのほど、数キロにわたって緑色の浮遊物に覆われた。

(黄土色:七里川(河南省)


<アメリカ各地の空が紫色に!>
https://beforeitsnews.com/v3/alternative/2018/3648187.html
(概要)
11月21日付け
 

 


 
(概要)
今、ご覧になった映像や画像はアメリカ全域に広がった紫の空の光景です。フロリダ、オハイオ、他の地域でも同じ現象が見られます。この謎の現象は一体何が原因なのでしょうか。どうして空が紫になってしまったのでしょうか。これまでアメリカの空が紫になったことは一度もありません。
その理由を主要メディア(フォックス5)はこのように説明しています。
(1:30~)カナダのプリンス・ジョージで発生した紫の空現象について:
「fox 5 prince g...」の画像検索結果
水分の粒子によって光が拡散されためであると説明しています。

地球工学、ケムトレイル、気象操作について全く信じない人にはこの説明が通じるのでしょうけど、
光の拡散では説明でがきない事実があります。
イリノイ大学の専門家は、光の拡散は人工的に作られた粒子でも起こると説明しています。
このような光の拡散による空の変色は空気のイオン化、地球工学、人工雨、気象操作、そしてケムトレイルに含まれるアルミニウム、ストロンチウム、バリウム、その他の有害物質の充満により大気汚染がかなり進んだために起きたのです。
支配層は、ビームを上空に照射し大気を汚染し天候をめちゃくちゃにしています。その結果、空がこれまで見たことないような色に変色するようになりました。
空がどの色に変色するかは大気中に存在する微粒子(有害物質)の種類によって異なります。

空気のイオン化とエネルギー束により光を反射して柔らかな青紫の光(エレクトリック・ブルー)を放ちます。ですから空が紫になったのは天候をめちゃくちゃにしている気象兵器によるものです。
(5:00~)
ニューヨークタイムズ紙の過去記事(1972年)には、米政府は人工降雨を兵器として使っていると記しています。
また、人工雨や気象操作のテクノロジーを提供している企業によると、アメリカのスーパー兵器は、ハリケーン、猛吹雪などを発生させることができます。
この兵器を所有することで世界の天候を操作し大三次世界大戦を戦うことが可能です。2025年までにこのようなスーパー兵器が使われることになるでしょう。
中国は、サテライトを介して雲を移動させ人工雨を降らせるテクノロジーを持っていますが、既に気象兵器を使って世界の天候をめちゃくちゃにしています。
アメリカと中国は気象兵器で世界中の大気を汚染し天候を操っています。その結果、異様な形の雲が出現したり空の色が紫に変わるようになってしまいました。
主要メディアはこのような異変について実際に何が起きているのかを伝えずに表面的な理由付けをしています。