1937年8月9日 南京大虐殺の真実

1937年8月9日から始まった第二次上海事変の戦闘に敗れた中国軍は撤退を始め、当時、中華民国の首都であった南京を中心として防衛線(複郭陣地)を構築し、抗戦する構えを見せていましたが、

日本軍は、中国軍の複郭陣地を次々と突破し、12月9日、南京城を包囲し、翌日正午を期限とする投降勧告を行います。  しかしながら、中国軍がこの投降勧告に応じなかったため、12月10日より日本軍の総攻撃が始り、12月13日に南京は陥落しました。


この時、中国軍は一般市民に紛れ込み、ゲリラ戦を行ったため、結果的に一般市民を巻き込んでしまい、これが南京大虐殺とよばれているものであります。

この 「 南京大虐殺 」 という言葉は、朝日新聞の本多勝一がはじめて使ったものでありますが、不自然な事が多くあります。

何より、南京が陥落し、大虐殺があったとされる当時、蒋介石の国民党政府から、国際連盟に一度も提訴されておらず、30万人が虐殺されたといわれていますが、中国側の資料でも南京の人口が20万人であり、陥落して1ケ月後には25万人になっているのは、呆れたジョークです。

南京の人口が20万人で、30万人が虐殺され、その1ケ月後には、わざわざ日本に占領されたこの地に、25万人が移り住んできたことになります。

2007年8月13日に、中国国際放送局が南京大虐殺(この言葉は朝日新聞の本多勝一が最初に使い広めた言葉)の犠牲者リストを発表し、8242人であると発表しましたが、リアリティのある数字であると思います。

また、上海から南京まで追撃される中国軍に従軍していた、ニューヨーク・タイムズのティルマン・ダーディン通信員は、1989年10月号の 「 文藝春秋 」 においてインタビューに答え、

「 上海から南京へ向かう途中に日本軍が捕虜や民間人を殺害していたことはなかった 」 と断言し、 「 私は当時、虐殺に類することは何も目撃しなかったし、聞いたこともありません 」 と述べていますし、

当時南京の欧米人が目撃した殺人事件は存在せず全て中国人からの伝聞によるものであるため虚偽報告の可能性が指摘されています。

それでは、日本は何故に、未だ何故30万人の大虐殺を行ったと言われ続けているのでしょうか?

学生の皆さんは唖然とするかもしれませんが、これは日本の腐れ左翼主義者たちの仕業なのです。

南京簡略時に一般市民を巻き込んでしまったのは事実ですが、元々中国側は大虐殺などという認識をしていなかったわけで、その証拠に中国側の南京の人口調査の結果、蒋介石が国際連盟に訴えていなかった事、そして8242人の犠牲者数と発表していることからも分かりますし、明確に30万人の証拠があるならわざわざ数字を下方修正する必要はありません。

お笑いの話ですが、当時の共産党の資料にも南京大虐殺の記録がなく、英・米・仏からも何の抗議もなく、各国メディアの大虐殺に関する記事はありません。

「国際連盟で採択されなかった『南京事件』」6-3(H19.3.16)
http://www.youtube.com/watch?v=ysULmUyobDU&feature=related

ベイツ教授による、東京裁判の証言では、
「日本軍侵入後何日もの間私の家の近所の路で、射殺された民間人の屍体がゴロゴロして居りました。(中略)「スミス」教授及び私は、色々な調査、観察の結果、我々が確かに知って居る範囲内で、城内で1万2千人の男女及び子供が殺されたことを結論と致しました」(「極東国際軍事(東京)裁判速記録」・・・第36号21・7・29)

日本の阿呆な左翼主義者達の論理では、広島・長崎の原爆被害者数が約20~30万人といわれているので、少なくともそのくらいの大虐殺にしたてあげたかったのだと思われます。

団塊世代と左翼思想
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/188.html
カールマルクス
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1116.html
菅君、君はどこの国の総理だね?
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1165.html
大東亜戦争の真実
http://www.youtube.com/watch?v=UdpaTT5EYI0&feature=fvw
封印された動画
http://www.youtube.com/watch?v=l2o5ce90Zh0&feature=related

Wikipediaにも記述してくれていますが、南京にある南京大虐殺記念館は、中国政府はつくる意志はなかったのですが、元日本社会党委員長であった田辺誠は1980年代に南京市を訪れ当館を建設するよう求めたのです。

しかし当初、中国共産党は資金不足を理由に建設には消極的だったので、田辺は総評からの3000万円の建設資金を南京市に寄付し、その資金で同紀念館が建設され、記念館の設計も日本人が手がけました。

3000万円の資金のうち建設費は870万円で、余った資金は共産党関係者で分けたと言われています。

私は、この南京大虐殺は、中国の残虐な通州事件を、国際社会からの非難をかわすためのスケープゴートに使われているような気がしてなりません。

通州事件(つうしゅうじけん)
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1183.html
第二次上海事変における中国人による日本人捕虜の残虐処刑 (1996 CNN)
http://www.youtube.com/watch?v=Nr_eThF6I00&feature=related
支那事変 (=日華事変)
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1182.html
映画 南京の真実 記録映画編(南京陥落後)
http://www.youtube.com/watch?v=AAJhJnYH7yU&feature=related

南京市当局が、南京郊外の江東門近くに、「侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館(南京大虐殺記念館)」を建設中の事ですが、半本氏ら日本の教科書是正グループ等が、同当局に対して、建設の中止を申し入れた際、

同当局の返答は、

「 日本社会党の田辺誠・書記が二度も頼みに来たので建設しているのだ。 30万人と言う被害者数は、政治的数字だ 」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です