1777年10月 サラトガの戦い

 

 

 

 

1777年、アメリカ独立戦争をアメリカ有利に転換させた戦闘。

 1777年10月、アメリカ独立戦争の形勢を逆転させた、アメリカ軍の勝利した戦い。開戦以来、苦戦が続いていたワシントン指揮の独立軍であったが、ニューヨーク北方のサラトガで、司令官ホレイショ=ゲイツ将軍の率いる部隊が、南下中のイギリスのバーゴイン将軍指揮下のイギリス軍を破った。このサラトガの戦いはアメリカ独立戦争の一つの転機となった。それは、アメリカ軍がその訓練や給与は貧弱であっても、イギリス正規軍に十分対抗し得ることを立証し、またフランクリンの働きかけにもかかわらず躊躇していたフランスの参戦(1778年2月)を実現させた。

独立戦争は、サラトガの戦いでアメリカ側が勝利をおさめたのを契機に、戦況はアメリカに有利となってゆき、フランクリンのフリーメーソン外交によって、フランスが参戦するとイギリスの劣勢は明らかとなり、1781年のヨークタウン陥落によって戦争は事実上の終結を見た。
そして1787年にはアメリカ合衆国憲法が制定され、1789年にはワシントンが初代大統領に就任。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です