1767年 タウンゼント諸法

1767年、イギリスの蔵相が提案した植民地規制法の総称。

 1767年、イギリスの蔵相タウンゼンドが提案した、アメリカの13植民地に対して示した植民地規制法の総称をいう。
1.ニューヨーク植民地議会の立法権の停止(制裁条令)
2.ガラス・鉛・ペンキ・紙・茶の輸入への課税(歳入条令)
3.本国大蔵省直属の税関局をボストンに設置(密輸取締強化)
これに対し植民地側は、本国製品不輸入協定で対抗した。またドーターズ=オブ=リヴァティーの女性達はアメリカ製品愛用運動に立ち上がった。その結果、タウンゼンド歳入条令は茶税を残して1770年4月に撤廃された。その後も植民地への課税を強化しようとしたイギリス本国政府は、1773年に茶法(茶条令)を制定、それに対する反発から1775年のアメリカ独立戦争が開始される。

タウンゼント諸法の目的とは、植民地支配とは関係なしに、植民地の支配者と裁判官を作ることで、貿易協定の法令順守を徹底させることである。怒った植民地群衆。その多くは自由の息子達(Sons of Liberty)として知られる秘密結社の工作員によって誘導され、嘲笑や雪玉をイギリス兵たちにあびせてきたので、おびえたイギリス兵たちは過度に反応した。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です